「Windows10」の最低システム要件は?

「Windows10」の最低システム要件は?無料で使える?

「Windows10」の最低システム要件は?
先日マイクロソフトがハードウェア開発者向け会議「WinHEC」にて、次期OSの「Windows10」のシステム要件を発表しました。
いったいどのくらいのスペックが必要になるのでしょうか。


スポンサーリンク

デスクトップ向けのシステム要件

項目内容(32/64bit)
CPU1Ghz以上
メモリ1GB/2GB 以上
HDD16GB/20GB 以上
GPUDirectX 9以上
ディスプレイ1,024×768ドット以上
基本的にはWindows8.1と変らないですね。
ストレージ(HDD)は現行のWindowsより6.6~15.6GB少なくなっています。
システムの容量が減ることは嬉しいですね。

また、今後登場予定のIntel「Skylake」やQualcomm「Snapdragon」をサポートすることもアナウンスしています。
a

スマートフォン向けのシステム要件

スマートフォン向けのシステム要件

項目内容(32/64bit)
CPU1Ghz以上
メモリ1GB/2GB 以上
HDD16GB/20GB 以上
GPUDirectX 9以上
ディスプレイ1,024×768ドット以上
メモリは液晶解像度によって必要容量が異なっています。

海賊版からも無料でWin10にアップデート可能

マイクロソフトも大きく出ましたね。
Windows10の無料アップデート対象はWindows 7/8/8.1です。
ただし、海賊版のOSを利用しているユーザも無料でアップデートが可能になるようです。

このことに対してマイクロソフトは以下のようにアナウンスしています。

「Windows 10の要件を満たす端末であれば、海賊版Windows搭載端末も含めてアップデートできる。ユーザーは長期的には正規にライセンスされたWindowsの価値に気付くとわれわれは確信しているので、違法コピーユーザーが正規版に移行しやすくする」

Windows10は今までのOSと違い、端末が壊れるまで利用できると発表しているので、この先Windows10がどうなっていくのか注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

TwitterでSODiCOMをフォローしよう!

スポンサードリンク

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です