【危険!対処法あり!】Lenovoユーザは要注意!Lenovoの全機種にマルウェアが入っていた!

/
これはLenovo大打撃ですね… そして、Lenovo製のパソコンを利用している方は要注意です!以前からLenovoのプリインストールソフトが危険だと警告されていましたが、今回は正にそれが種になってしまいました。Lenovo製のパソコンには広告表示に使われるアドウェア「VisualDiscovery(通称:Superfish)」が入れられていると以前から問題視されていました。 今回はそのSuperfishがどうやら攻撃者(クラッカー)からやりたい放題やられてしまうとんでもないセキュリティーホールだったことが判明しました。Lenovo…

【為す術無し】HDDのファームウェアに感染するタイプのマルウェアが登場。

/
恐ろしいですね。 このマルウェア(スパイウェア)には現在対抗手段がないようです。セキュリティ対策ソフトで有名な大手会社「Kaspersky(カスペルスキー)」が「主要メーカー製のHDDファームウェア(基本ソフト)に感染するタイプのマルウェア(スパイウェア)を発見した。」と発表しました。 現在はシステムの仕組み上、このマルウェアをセキュリティソフトで駆除することは極めて困難と言っています。Russian…

ブログエディター「Windows Live Writer」インストールと設定方法

/
SODiCOMではホームページ制作時のCMSはWordPressを利用しています。 今回はWordPressの記事投稿を便利に書けるブログエディターとして 「Windows…

ウィルス感染やワンクリック詐欺画面などの駆除や消去

/
最も、パソコン修理で多いご依頼がウィルスの駆除とワンクリック詐欺画面の消去だったりします。 ウィルスの目的は多岐にわたります。 システムを破壊するタイプやパソコン内部から情報を盗み取るタイプ、感染をとにかく拡大するタイプ、パソコンを乗っ取り遠隔操作されてしまうタイプと様々です。 ウィルスの中には解析しても何もしていないウィルスもあります。そういったものは放置しておくと時限式となって制作者が指定していた日時になると破壊活動や情報を送信し出す場合が有り、やっぱり怖いですよね…こないだの記事にしたマルウェア「SoakSoak」も活動内容は謎でしたね…怖い!・【対策あり】10万サイト以上のWordPressがロシア製の謎マルウェア「SoakSoak」に感染ウィルスに対抗するためにはやはり未然にキチンと対策をすることが大切です。 ・セキュリティソフトの導入、更新 ・WindowsUpdateの適用最低限上記の対策は怠れません。 しかし、それだけでは完璧だとは全然言えないのが現在の対策です。 最近脆弱性を突かれるもっとも普及しているソフトとして「Oracle…

実質2000円で国産パソコンが貰える? お得なふるさと納税とは

/
さて、先日e-Taxの魅力をお伝えしましたが…

確定申告はe-Taxで来署も郵送もいらないスマート申請で!

/
さて、確定申告の季節が近づいてきましたね。 この時期の税務署はホントに混みますね。紙で確定申告を行うととんでもない待ち時間が襲ってきます…最近は、皆さんパソコンからデータを入力して、印刷して必要な物だけを郵送するやりかたが多いと思います。 もしくは、税務署の確定申告書等作成コーナーで作る方法ですかね。やはり、手書きだけで行うと時間はかかるし、待ち時間もかかる。 郵送も送料と手間がかかるという事で、最近話題の「e-Tax」が便利ですよ!e-Taxとは? e-Taxとは、日本の国税に関する国営オンラインサービスシステムの呼称です。 正式名称は「国税電子申告・納税システム」というみたいです。開発と運営は国税庁が行っています。メリット ・自宅で確定申告の手続が完結できる。 ・領収証や他の書類の郵送が一切不要。何と言っても、自宅で確定申告が完結できるって言うことが最大のメリットでしょう。 その他、領収証や他の書類の郵送もいらず、簡単に確定申告が短時間で完了できます。デメリット ・初期費用がかかる。(住民基本台帳カードとカードリーダー) ・住民基本台帳(1000円)は役所まで受取に行かなければいけない。一年に一度しか使わない物に2000円を安いと考えるか高いと考えるか。 あとは、住民基本台帳カードは作るのがちょっと手間ですね。e-Taxの導入手続き この便利なシステムを使うためには最初にちょっとめんどくさい手続があります。導入準備の流れ 1:システム利用のためにPC環境を整える。 2:電子証明書とICカードリーダーを購入する。 3:開始届出書を提出する。 4:利用者識別番号を取得する。1:システム利用のためにPC環境を整える。 初めに、PCの環境を整えます。 といっても、やることは特になく、使用するPCの環境をe-Taxの推奨環境に合わせます。 今使っている環境が合っていればする事は無いです。 推奨環境はこちらから。 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1501/22/news010.html2:電子証明書とICカードリーダーを購入する。 電子証明書は、確定申告のデータを作った人が本人であることの確認書類です。 住民票のある市区町村が発効する「公的個人認証サービス」等がそれに当てはまります。 ただし、発効は有料です。次に、ICカードリーダーです。 こちらは電子証明書をPCに読み込むために必要な機械です。 お勧めのカードリーダーはSONYのRC-S380です。3:開始届出書を提出する。 さて、もう一仕事で準備も終わりです。 ここまで準備が終わったら、「電子申告・納税等開始届出書」を納税地の税務署に提出します。 この手続はインターネット上でも行う事が出来ます。 http://www.e-tax.nta.go.jp/systemriyo/systemriyo3.htm4:利用者識別番号を取得する。 開始届出書をインターネットで提出すると、「利用者識別番号」などがオンラインで発行されます。 ようやくこれで準備が完了です。始めるに当たって、最初は少々面倒な手続や準備がありますが、一度やってしまえばその年はもちろん次年度からも楽に確定申告を行うことが出来ます。 是非、e-Taxの利用も検討してみて下さいね。

Windows10の驚きの内容と、新機能まとめ

/
本日Microsoftが次期OSの「Windows10」に関して発表を行いました。 色々ととんでもない内容がいっぱい発表されたようですね。 Windows10の公式動画この動画を見ると、Windows10を何故特別なOSと位置づけるのか、何故次世代のWindowsなのかが分かります。 Windows10の新機能 ・音声認識/会話アシスタントのCortana(コルタナ)が搭載 これはiPhoneでいうsiriの様な物でしょうか。 音声操作や会話からユーザが行いたい操作を認識して行うようです。 動画がありましたので貼っておきます。なかなか優秀なエージェントですね。・新WebブラウザSpartan(スパルタン)の搭載 インターネットエクスプローラーとは違う、新しいブラウザです。 レンダリングエンジンはTridentと噂されていましたが、新しいレンダリングエンジンを採用したと言っています。 主な機能は三つ。 ・アノテーション機能 ・マルチ端末対応の後で読む機能「Reading…

ついに「Windows 10」発表。「Windows 10: The Next Chapter」が開催!発売日や値段は…

/
なんだかOSのメジャーアップデートも早くなりましたね。 いよいよ「Windows10」が米国時間1月21日開催のイベント「Windows…