iPhone6s/6s Plusを発売日に入手する予約方法と在庫状況

iPhone6s/6s Plusを発売日に入手する予約方法先日発表された4.7インチの「iPhone 6s」と5.5インチの「iPhone 6s Plus」の発売日は9月25日です。早速予約も12日から始まりAppleファンを中心に盛り上がっています。

iPhone6sは3キャリアと格安SIM(MVNO)どちらで運用するのが安いのかは先日記事にしましたが、各キャリアから値段と毎月割が発表されたので内容が変わってしまいました。また更新しておきますね。

日本ではiPhoneユーザがかなりの数となっているので、発売日当日にどうしても手に入れたいという方も多いと思います。毎年この時期はニュースでアップルストアの徹夜待ち勢が報道されていますよね。こうなるともう一種のお祭りですね(笑)

アップルストアでは既に当日配送分は完売しはじめていますが、まだ当日入手可能なモデルもあるようです。

アップルストアで当日入手可能なiPhone6s

iPhone6s/6s Plusを発売日に入手する予約方法アップルストアではiPhone6sで新色として登場した「ローズゴールド」モデルが人気で注文が殺到しているようです。既に出荷予定日が2~3週間待ちになっています。逆にローズゴールド以外のシルバー・ゴールド・スペースグレイはまだ発売当日入手可能になっています。下記表に現在(9月15日11時時点)の在庫状況をまとめました。

モデルゴールドシルバースペースグレイローズゴールド
iPhone6s 16GB当日受取可能当日受取可能当日受取可能2~3週間待ち
iPhone6s 64GB当日受取可能当日受取可能当日受取可能2~3週間待ち
iPhone6s 128GB2~3週間待ち2~3週間待ち2~3週間待ち2~3週間待ち

128GBモデルとローズゴールド以外はまだ在庫があるようなので狙い目です。狙っている方は早めに予約して確保してしまいましょう。

アップルストアで当日入手可能なiPhone6s Plus

iPhone6s/6s Plusを発売日に入手する予約方法と在庫状況液晶が大きいモデルのiPhone6s Plusも6s同様にローズゴールドモデルが人気なようです。実際の動画や画像を見てみると所謂ピンクゴールドみたいな色なので男性でもおしゃれに持つことが出来ると思います。結構男性がローズゴールドを持てるか心配している様ですが女性らしさは強くなくユニセックスな色のモデルです。

iPhone6s Plusも同様に当日入手可能なモデルはあるので表にまとめてみました。

モデルゴールドシルバースペースグレイローズゴールド
iPhone6s Plus 16GB3~4週間待ち3~4週間待ち3~4週間待ち3~4週間待ち
iPhone6s Plus 64GB3~4週間待ち3~4週間待ち3~4週間待ち3~4週間待ち
iPhone6s Plus 128GB3~4週間待ち3~4週間待ち2~3週間待ち3~4週間待ち

現在(9月15日11時時点)全ての色の全てのモデルが3~4週間待ちになっています。今後キャンセルによる空きはあまり期待できなさそうです。

au・ドコモ・ソフトバンクのiPhone6s/6s Plus在庫状況

iPhone6s/6s Plusの予約販売が行われているのはアップルストアだけではありません。当然、3キャリアの携帯会社も予約を受け付けています。しかし、ほとんど予約状況はアップルストアと変わりません。

iPhone6s Plusの方が生産台数が少ないようなので現在の様な在庫状況になっているようです。どうやら液晶のバックライト部品が不足している様です。

また、今年から転売対策として完全予約制の販売方式に切り替えたので過去のiPhone発売日と比べてかなり当日入手がしやすくなっていると考えられます。もしかしたら狙っているモデルの当日受取予約が出来るようになるかもしれませんので粘り強くオンラインストアを見に行ってみましょう。

アップルストアの予約ページ

auオンラインショップの予約ページ

ドコモオンラインショップの予約ページ

ソフトバンクオンラインショップの予約ページ

既にiPhone6s用のケースも多数販売されています。

iPhone6s用のケースを探す

iPhone6sのSIMフリー端末で格安SIM(MVNO)運用とキャリア運用の比較検証

iPhone6sのSIMフリー端末で格安SIM運用とキャリア運用の比較検証先日Appleの発表会があり、今年も新しい端末が色々と発表されましたね。個人的に注目したいのは「iPad Pro」です。特にペンタブを使われる人には大変重宝する端末になるのでは無いでしょうか。同時に現在の液晶タブレット市場が廃れそうで恐ろしいです。

今回の発表では「iPhone6s」が新しく発表されました。感圧タッチディスプレイ搭載やCPU等もパワーアップして一見良さそうではありますが、競合端末と比較してしまうと値段やスペックでは全然脅威にはならない端末です。ようやく4K撮影に対応したものの、手ぶれ補正が付かなかったのは大きい感じがします。

しかし、iPhoneというのは一種のブランドで何よりiOSがとても使いやすいというメリットがありますのでiPhone6sとiOS9に期待してリリースを待ちましょう。

さて、話がそれてしまいました。今回は最近話題のMVNO(格安SIM)でのiPhon6s運用と既存の3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のどちらが結果的に良いのか比較検証を行っていきたいと思います。まだキャリアから価格が発表されていないので仮定の話にはなりますが…

キャリア契約だと2年縛りや月々の維持費が結構かかってしまうのでSIMフリーのiPhone6sを購入してMVNO(格安SIM)を利用したいと考えている方も多いと思いますのでご参考にして頂ければと思います。

iPhone6s / 6s Plusの在庫や予約方法についてまとめました。

iPhone6s/6s Plusを発売日に入手する予約方法と在庫状況

現状仮定:auでiPhone6を利用中の場合

まずは現在auでiPhone6を利用している場合を仮定して比較していきたいと思います。

iPhone6は一括購入で端末支払いが済んでいるとします。毎月割は2000円で計算します。

項目金額
基本利用料
LTEプラン(誰でも割)
934円
オプション利用料
LTEフラット・LTEネット
6,000円
ユニバーサルサービス料金2円
毎月割-2,000円
消費税554円
合計5,490円

やはり、結構な値段になってきてしまいますね。3キャリアを利用中の場合は月々の携帯料金は5,000~6,000円という方が多いと思います。上手くパケホの安い回線を作ったとしても2,000円が限界だと思います。

ちなみに2年経過後は毎月割が無くなるので2,000円高くなります。7,490円と高額な料金になりますね。

仮定1:新規契約で(MNP)でiPhone6sをキャリア契約する場合

最近はMNPで他社に移動した方が端末価格が安くなるなどの恩恵があるので皆さん良く利用されていると思います。仮定2では新規契約した場合をみていきたいと思います。

MNPの特典がどの程度出てくるのかわかりません。毎月割の参考データとして昨年のiPhone6発売時のデータを利用したいと思います。auの場合は新規・MNPの毎月割は2,445円でした。iPhone6sの値段はキャリアもSIMフリーも対して変わらないので現在公開されている日本のSIMフリー端末の値段を使います。

項目金額
基本利用料
LTEプラン(誰でも割)
934円
オプション利用料
LTEフラット・LTEネット
6,000円
ユニバーサルサービス料金2円
毎月割-2,445円
端末料金(24ヶ月)3,617円
消費税844円
合計8,952円

端末料金を入れると毎月約1万円ぐらいの方が多いのでまだ安い方ですかね? 新規の場合はこの料金に加え初月に新規事務手数料3,240円がプラスされます。MNPの方はキャリアによって異なりますが2,160円のMNP手数料が更にプラスされます。

24ヶ月利用すると218,088円。MNPの方は220,248円になります。

冷静になって考えて見ると結構高額な料金ですよね(笑)

仮定2:機種変更でiPhone6sをキャリア契約する場合

この仮定に当てはまる方が一番多いのでは無いでしょうか。現在のキャリアでそのまま機種変更してしまう場合です。2年縛りも関係なく機種変更は可能なので一番気軽かもしれません。

機種変更後は以前利用していた端末代金の残りが月々の料金に上乗せもしくは一括で支払うという選択になります。今回は1年前にiphone6を契約していて、今回発売日に機種変更するという仮定で話を進めていきたいと思います。値段等は仮定1と同じ条件で行います。

項目金額
基本利用料
LTEプラン(誰でも割)
934円
オプション利用料
LTEフラット・LTEネット
6,000円
ユニバーサルサービス料金2円
毎月割-2,445円
端末料金(24ヶ月)3,617円(12ヶ月後)
7,234円(12ヶ月まで)
消費税844円(12ヶ月後)
1,133円(12ヶ月まで)
合計8,952円(12ヶ月後)
12,858円(12ヶ月まで)

1年間は端末代金が1年分残っているのでそれをプラスします。

良い値段が出てきましたね。機種変更では機種変更手数料が2,160円初月にプラスされます。1年間は12,858円が月額で残りの1年間は8,952円になります。

24ヶ月利用すると263,880円になります。

26万円… 結構大きな買い物ですね。

仮定3:SIMフリーのiPhone6sを格安SIMで契約した場合

いよいよ格安SIM(MVNO)での運用例になります。仮定3は前述の仮定1・2と比較して頂ければと思います。今回は格安スマホmineo
を利用した場合の仮定で進めて行きます。

現在公開されているiPhone6sの値段は16GBで86,800円になります。税込み93,744円です。一括購入やローンでの購入があります。12ヶ月までは年利無料ですがそれ以上の60ヶ月までは年利が発生します。分割購入するなら1年ローンにしましょう。1年だと月々7,812円です。今回は他の仮定と合わせるために2年分割を金利0%で計算します。

今回はauプランで料金をみていきたいと思います。ドコモよりauの方が若干安いです。頻繁に海外に行く方ならdocomoをお勧めしますがそれ以外の方にはauをお勧めします。

項目金額
月額基本料金
デュアルタイプ
1,510円
ユニバーサルサービス料金2円
端末代金3,617円
消費税410円
合計5,539円

新規契約やMNPだと初月に手数料がプラスされます。新規の場合は3,240円でMNPの方はプラス2,160円です。

24ヶ月利用すると136,176円。MNPの方は138,336円になります。

かなり収まりましたね。やはり回線の月額が安いのがとても効いています。ちなみにこの仮定はデータ通信が月に3GBまでとなっています。キャリアの場合は6GBまでとなっていますが実際にそこまで使っている方は少ないと思います。基本的に3GBで足りると思いますよ。アプリの更新等はWi-Fiで節約すると3GBも行かないと思います。

mineo最高の5GBプランでも月々5,539円です。2年間合計でも新規の方で153,792円でMNPでも155,952円です。



キャリアと格安SIMで2年間利用した場合の比較

単純に価格だけみてもどちらが安いのかは明白ですがキチンと比較していきましょう。

キャリアと格安SIMで2年間利用した場合の比較

今回は仮定で作っていた料金を全部比較してみました。

・au:現状仮定のiPhone6をそのまま使い続けた場合

・au新規:仮定1のiPhone6sを新規契約した場合

・au機変:仮定2のiPhone6sを機種変更した場合

・mineo:仮定3のiPhone6sを格安SIMで契約した場合

・mineo端末一括:仮定3を端末一括で買った場合

もしかしたら何か間違っているかもしれません… ただ基本的にグラフを見たとおりの様になります。格安SIMを契約してSIMフリーの端末を購入することが圧倒的に安くなります。逆に現在auでiPhone6sを利用している場合は機種変更してもそんなにトータルコストは大差ないので新しくしてしまっても良いと思います。キャリアと格安SIMを比較してしまうと3年使った場合10万円近く変わってきます。新規と比較すれば2年でも10万円ぐらい差が出ていますね。PC一台買えますね(笑)

まとめ

格安SIMの安さが良くわかりましたね。iPhone6sは国内のAppleストアで普通に販売されているので購入も特に苦労すること無く出来ると思います。私もauの更新月が近いので格安SIMにMNP予定です。ただ、現状iOS9が対応出来ているかわからないので発売開始から即座に使えるとは思えません。iPhone6では現在安定して利用できている様ですが、iPhone6sではどうなるのかまだわかりません。

mineoの他にも様々な格安SIMがありますので自分のニーズに合わせて選ぶと良いと思います!

【対策確認方法あり】Android端末の脆弱性「Certifi-gate」が明らかに

【対策確認方法あり】Android端末の脆弱性「Certifi-gate」が明らかに先日Androidの脆弱性をご紹介したばかりですが、また新たな脆弱性の存在が明らかになったようです。今回の脆弱性は数百万台規模の被害が想定されています。最新の端末だから安全と言うこともないので注意しましょう。

今回明らかになった脆弱性は「Certifi-gate」という脆弱性です。発見者はセキュリティソフト会社のCheck Pointです。現在ラスベガスで開催された「Black Hat USA 2015」で発表されたようです。この脆弱性が悪用されると完全に端末を乗っ取ることが出来るという恐ろしい内容でした。

脆弱性「Certifi-gate」とは?

今回発見された脆弱性「Certifi-gate」は端末の製造メーカーやネットワークサービスプロバイダーが利用するモバイル遠隔操作ツール(mRST)に関する脆弱性のようです。これはユーザがサポートを受ける際に遠隔操作で操作を行ってもらう事によく使われるツールです。auの遠隔操作で端末操作をサポートするという「リモートサポート」ももしかしたらmRSTが使われているかもしれません。

これを悪用されてしまうと端末の画面は丸見えな上に端末内のデータも自由に受信することが出来るので連絡先や個人情報、パスワード等を盗まれる危険があります。

「Certifi-gate」の被害症状は?

この脆弱性を悪用されると端末自体を乗っ取ることが出来るので、端末で操作できることは何でも出来てしまいます。端末内のID、パスワード情報や個人情報、メールや写真等あらゆる情報を盗み出すことが出来る可能性が高いです。

実際にこの脆弱性を悪用したデモ動画が公開されているのでご覧下さい。

Certifi-gate: Hundreds of Millions of Android Devices Could Be Pwned

左側のブラウザ画面が攻撃されるユーザの端末で、右側のウィンドウが攻撃者の端末という設定になっています。

「Certifi-gate」による脆弱性の対象か確認する方法

Check Point社は脆弱性から自分の端末が安全かどうかチェックするためのアプリを公開しました。無料でインストールする事が出来るのでチェックしておくことをお勧め致します。二度目になりますが、この脆弱性は端末が新しいからと言って安全であるとは限りません。古い端末の方も新しい端末の方にも存在する可能性があります。

Certifi-gate Scanner

【対策確認方法あり】Android端末の脆弱性「Certifi-gate」が明らかにアプリをインストールした後、起動すると上記の画像のような画面になります。「Tap to Scan」をタップするとスキャンが開始されます。スキャン完了後に緑色の画面になった場合脆弱性の対象では無い事が分かります。キチンとチェックして対象かどうか確認しておきましょう。

【緊急】Androidに端末が乗っ取られる深刻な脆弱性発見 盗聴や情報漏洩の危険

aAndroidユーザの皆さんはご注意下さい。深刻な脆弱性が発見されました。この脆弱性には端末を乗っ取られる危険が有り、情報漏洩や盗聴の危険もあるとのことです。

Androidの95%に遠隔乗っ取りの脆弱性。MMSメール着信だけで盗聴や情報漏洩も

Androidに電話番号さえ分かれば遠隔から端末を乗っ取れる深刻な脆弱性 ” Stagefright ” Exploitが見つかりました。細工済みの動画がMMSメッセージで届いた場合、ユーザーが動画を再生しなくても、着信した瞬間またはメッセージを見た瞬間にスマホを乗っ取られ、気づかないうちにマイクやカメラで盗聴・盗撮されたり、写真やメッセージを外部に送信されるなどの危険があります。

MMSメッセージをGoogle純正のハングアウトで受信している場合、届いた瞬間に悪意のあるコードが実行されます。このため、マルウェアが着信音をオフにして着信履歴を書き換え、自身が届いた形跡も隠滅したうえで、ユーザーがまるで気づかないうちに潜伏して盗聴や情報漏洩などを続けることもありえます。ハングアウトでなく古いメッセージアプリの場合、届いた瞬間には起動しませんが、メッセージのテキストを読もうとした時点で、添付を開かなくても発動します。

また、「電話番号だけで知らぬ間に乗っ取り」はもっとも避けようがないシナリオとして例に挙がっているのみで、任意コード実行の脆弱性がStagefrightにある以上、MMSに対応していないSIMなし端末やWiFiのみのタブレットもハックの標的になり得ると考えられます。

ハックの危険性は、Googleが定義する指標でもっとも危険な「クリティカル」よりひとつ下の「高」。具体的には、リモートからアプリ権限での任意コード実行を許す脆弱性が分類されます。
参考:engadget.com

脆弱性で受ける被害症状は?

・ユーザが着信した瞬間、メッセージを見た瞬間にスマホを乗っ取られます。

・マイクやカメラで盗聴・盗撮されます。

・写真やメッセージを外部に送信されます。

脆弱性の対策方法は?

4月時点でGoogleに脆弱性を報告済みで、Googleは既にその情報を元に修正パッチをメーカーに提供済みとのことです。ASUSはZenfone 2向けのパッチを配布しているそうです。それ以外の端末はパッチの公開待ちになりますね。

メーカーがセキュリティパッチを公開しても日本のキャリアがそのパッチをローカライズして提供しない限り対策されません。電話番号を知られているだけで脆弱性を突かれる危険があるので避けるのはなかなか難しそうです。Android 2.2以降のほぼ全ての端末が影響を受けるようなので、型落ち端末や日本のキャリアから販売されている端末は未対策のまま使われる数が多そうです。

現状で出来る対策方法は「MMSの自動受信をしない事」だそうです。
・Googleハングアウトをメインで使っている人は、「設定」→「SMS」→「MMSの自動取得」のチェックを外す。

・メッセンジャーをメインで使っている人は、「設定」→「詳細設定」→「自動取得」をオフにする。

セキュリティパッチの情報が入ったら更新致します。

【au・docomo・softbank・MVNO】通信の最適化を徹底検証!内容と解除方法

【au・docomo・softbank・MVNO】通信の最適化徹底検証!内容と解除方法最近何かと話題になっている携帯キャリア各社の「通信の最適化」というなのデータ圧縮です。以前はSoftbankや日本通信を筆頭に通信の最適化が行われて炎上していましたが、2015年に入ってからdocomoやau、MVNO各社でも開始されているようです。MVNOは全社ではなく一部の会社が行っているようです。

今回は通信の最適化とは何なのか?自分が使っている会社は行っているのか?どうやったら解除が出来るのかを記事にしていきます。

通信の最適化とは?

通信の最適化とは、通信で送受信する画像や動画データを劣化させてデータサイズを小さくして基地局の帯域を緩和する物です。行っている内容は非可逆圧縮だと思います。

建前上では快適な通信環境を確保するために画像や動画データに対して最適な処理を施し、より快適な通信をお客様に提供するという事になっていますが、この最適化を施すことで大幅に画質が劣化してしまい酷い物になってしまう可能性があります。Softbankは以前にアプリダウンロード時にアプリ無いの動画像も劣化させてしまうのでアプリが正常起動しなかったという事例もあります。テザリング時も同様に最適化されてしまうためパソコンで見ても同じく最適化されてしまうことが多いようです。

また、通信の最適化は「通信の秘密の権利」を侵害していたり、画像圧縮が窃用に該当するのでは無いかと法律方面の人々も問題視してきて再炎上し始めています。法律の解釈は人によって違うので最高裁で判例が出るまでなんとも言えませんので難しいところですね。

通信の最適化のキャリア毎の有無

回線最適化の有無最適化の内容
docomoあり動画、画像のデータを圧縮。
auあり画像のデータを圧縮。3Gは対象外。
Softbankあり動画、画像のデータを圧縮。アプリのダウンロード時も影響有り。
IIJmioなし
OCNモバイルONEなし
NifMoなし
BIGLOBEあり不明
楽天モバイルなし
WonderLinkなし
b-mobileあり不明
U-mobileあり不明
ぷららモバイルLTEあり不明
mineoなし
UQ mobileなし
DTIあり不明
Y!mobileあり画像の極端な圧縮。Exif情報の消去。

2015年7月17日現在のデータです。もしかしたら誤りがあるかもしれません。誤りを発見したらご報告頂けると幸いです。

ちなみに今月Softbankが最適化を止めたと言う報告がありましたが、あれは単に機器のメンテナンスで一時的に止まっていただけだったようです。

au

現在のメイン回線がauなので問い合わせて通信の最適化の詳細を確認してみました。

通信の最適化はいつから実施されたのか?

2014年12月8日から実施されています。

通信の最適化は自動的に適用されるのか?

自動的に適用されます。

通信の最適化が適用される条件は?

通信速度が300kbps以下の時適用されます。動画ファイルは対象外です。HPに記載されている事は誤りなので上申します。

iPhoneのみ対象外というのは本当か?

誤りです。iPhone、iPadでも4GLTEでの契約者は対象になっています。3G回線は適用外です。また、チャージ式(データ定額)の契約形態の場合は現状対象外となります。

アップロード時は適用されるのか?

ダウンロード時と同じく300kbps以下の通信速度の時に適用されます。

157に電話した後どこにつなげば良いのか?

どこにつないでも「通信の最適化を非適用にしたい」と言えば担当部署につながります。
総合案内が一番つながりやすいです。

通信の最適化が行われているか確認する方法

実際に現在自分が利用している回線が通信の最適化を行っているのかは画像のデータサイズを比較してみると分かります。必ずしも一定の条件で最適化されているわけでは無いので一概になんとも言えませんが一つの検証ツールになると思います。

確認は下記のサイトより簡単に行えますので是非行ってみて下さい。

通信の最低^H^H最適化の確認
通信の最適化を確認するやつ

自分の使っている回線で最適化が確認出来たら是非コメント欄からご報告をお願い致します。

各キャリアの通信の最適化解除方法

docomo

通信の最適化徹底検証 au・docomo・softbankとMVNOの内容と解除方法docomoはしっかりと内容が利用規約に記載されていますね。
ご利用規則

docomoは通信の最適化を解除可能です。

My docomo151から解除することが出来ます。

My docomoから解除するには以下の順に移動して下さい。

ドコモお客様サポートにアクセス。

・「契約内容確認などオンライン手続き」に進む。

・「よく使われているメニュー」の下にある「ご契約内容の確認変更」に進む。

・暗証番号を入力してログインする。

・3ページ目に移動する。

・「spモード」設定項目内に「通信の最適化」という項目があるので、「適用」になっている場合は設定を変更する。「未確認(非適用)」になっている場合は通信の最適化が行われていません。

au

通信の最適化徹底検証 au・docomo・softbankとMVNOの内容と解除方法auもしっかりと内容が利用規約に記載されていますね。
LTEフラット
※動画の圧縮は行っていないようです。HPが誤りとのこと。

auは通信の最適化を解除可能です。

151から解除することが出来ます。ネット上からの受付は行っていないようです。

softbank

通信の最適化徹底検証 au・docomo・softbankとMVNOの内容と解除方法softbankも利用規約に最適化の記載があります。
ご利用の際に通信制御することがある内容について

softbankは通信の最適化を解除不可能です。

softbankは他のキャリアと違い、通信の最適化を解除することが出来ないようです。つまり強制適用で設定の変更は受け付けない姿勢のようです。通信の最適化が気になる方は他のキャリアにMNPするしかないようです。

AndroidでLINEを利用している方は注意!メッセージを盗み取るマルウェアが誕生!

AndroidでLINEを利用している方は注意!メッセージを盗み取るマルウェアが誕生!最近ほとんどの方が利用しているLINEですが、Androidで使っている方は注意が必要です。今使っている端末安全ですか?

今回発見された脅威はLINEからメッセージデータを盗み取るマルウェアで「AndroRATIntern」と呼ばれる監視型のマルウェアの一種とのこと。日本国内のAndroid搭載のスマートフォンを標的にしています。

感染するとどうなる?

このマルウェアに感染すると、LINEを起動してメッセージを平井と時に画面上のメッセージが盗み取られます。また、この種類のマルウェアには複数の種類が有り、メッセージだけでは無く動画や画像も盗み取られる危険があります。

どこから感染するの?

このマルウェアの感染経路は、ユーザが直接インストールする事によって感染します。

しかし、インストールしてもアイコンは表示されず知らない間に感染していると言うことが想定されます。

予防方法は?

AndroidでLINEを利用している方は注意!メッセージを盗み取るマルウェアが誕生!
今回のマルウェアはAndroidのユーザ補助機能の中にある「テキスト読み上げ機能」を悪用した物です。まだ情報が少なく断定的なことは言えませんが、この攻撃が成立するには「ユーザ補助機能」が有効になっていることが必要になります。そのためユーザ補助機能をOFFにしてしまえばとりあえずこのマルウェアによって外部に流出することは無いと思います。

参考:Lookout

何か不安がある方や詐欺サイトか分からない等ありましたらお気軽にご相談下さい

お問い合わせ

iOS8.4が公開され「Apple Music」が利用可能になりました。

iOS8.4が公開され「Apple Music」が利用可能になりました。昨日iPhoneにも利用されている最新の「iOS8.4」がリリースされました。アップデートによって話題の「Apple Music」が追加され利用できるようになりました。このアップデートで20以上の脆弱性が修正されているようなので、アップデートはしておいた方が良さそうです。

iOS 8.4 リリースノート

  • Apple Music
    • Apple Musicのメンバーになると、Apple Musicカタログにある数百万もの曲から選んで再生したり、後で再生できるようにオフラインで保存したりできます
    • For You: メンバーは、音楽のエキスパートが厳選したおすすめのプレイリストやアルバムを楽しむことができます
    • New: メンバーは、Appleのエディターが吟味した最新のすばらしい音楽をチェックできます
    • Radio: Beats 1で音楽、インタビュー、独自のラジオ番組を聴いたり、Appleのエディターが作成したラジオステーションを聴いたり、好きなアーティストまたは曲から独自のステーションを作成したりできます
    • Connect: フォローしているアーティストから発信される思い、写真、音楽、ビデオを見たり、コメントを付けたりできます
    • マイミュージック(My Music): iTunesで購入したすべての項目や、Apple Musicの曲、プレイリストを一個所で再生できます
    • 音楽プレーヤーのデザインが一新され、“最近追加した項目”、ミニプレーヤー、“次はこちら”などが使えるようになります
    • iTunes Store: 今まで通り、お気に入りの音楽を買うのに最適な場所です。1曲だけ買うことも、アルバム単位で買うこともできます
  • iBooksの機能改善と修正
    • iBooksの中からオーディオブックをブラウズしたり、聴いたり、ダウンロードしたりできるようになります
    • 特にオーディオブックに合わせてデザインされた、まったく新しい“再生中”機能が追加されます
    • “Made for iBooks”のブックがiPadだけでなくiPhoneでも読めるようになります
    • シリーズ内のブックをライブラリから直接検索して、予約注文できるようになります
    • iBooks Authorで作成されたブックでウィジェットへのアクセス、用語集、操作性が向上します
    • 新しいデフォルト中国語フォント
    • ライブラリで自動夜間テーマをオフにできる新しい設定
    • 購入した項目を隠す機能が動作しないことがある問題が解決されます
    • iCloudからブックをダウンロードできないことがある問題が解決されます
  • その他の機能改善およびバグ修正
    • 特定の系列のUnicode文字を受信するとデバイスが再起動する問題が修正されます
    • GPSアクセサリ(Bad Elf等)から位置情報データが提供されない問題が修正されます
    • 削除したApple Watch Appが再インストールされることがある問題が修正されます
  • このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
    http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

紛失したスマホをGPS情報で探しに行くのは危険ですよ!

紛失したスマホをGPS情報で探しに行くのは危険ですよ!最近はスマートフォンを無くしても、アプリを使ってGPS情報を取得して今どこにあるのかが分かります。盗難に遭った場合でもどこに自分のスマホがあるのか分かるので、かなり便利な時代になりましたよね。

こういったスマートフォンをPCから探すことが出来る機能はiPhoneにもAndroidにも搭載されていますが先日この機能を利用したカナダ在住の若者が悲惨な事件に巻き込まれてしまいました。

カナダ在住のJeremy Cookさんが射殺される

カナダに住む18歳のJeremy Cookさんは、タクシーにスマートフォンを置き忘れてしまい、それに気がついた彼はGPSの情報を頼りに現在のスマートフォンの場所を突き止めました。
現地に行った彼は車に乗った三人の男に遭遇しました。男達は車で逃走する際に彼の腕をつかみ、射殺してしまいました。
この犯人は未だに見つかっていないようです。

日本でも可能性はあります

今回はカナダで起きた事件でしたが日本でも十分考えられる事件です。
盗難に遭った場合は特に危険です。また、落としたり紛失した場合でも犯罪者の手に渡っている場合があります。相手が外国人と言うことも考えられますので、十分に危険な人物の手元にある可能性はあります。

自分で探しに行く前に警察に届けて相談してみましょう。
参考:cbc.ca

iPhone(iOS)を標的とした日本語のワンクリック詐欺が登場

iPhone(iOS)を標的とした日本語のワンクリック詐欺が登場悪質なiPhone用のワンクリック詐欺アプリが登場したようです。iOSのアプリがワンクリック詐欺に利用されたのは初めてのケースとのことです。

セキュリティソフトのノートンを開発しているシマンテックがワンクリック詐欺による被害に注意を呼びかけています。

通常iOSのアプリは「App Store」以外でダウンロードは行いませんが、このワンクリック詐欺を行うアプリはOver The Air(OTA)という方法でダウンロードを行うようです。ワンクリック詐欺用のアダルトサイトが利用者を巧みに誘導して悪質なアプリをインストールさせようとしてきます。

ワンクリック詐欺の手口

公開されているスクリーンショットを見ると「playMovie」というアプリのインストールが促されています。アダルトサイト利用中にこのような名前のアプリが出てきたら動画を再生するために必要なアプリだと勘違いしてしまいますね。このアプリは脱獄(ジェイルブレイク)していなくてもiOSデバイスにインストールできるようです。iPhone(iOS)を標的とした日本語のワンクリック詐欺が登場

iOSデバイスでは、信頼できる開発元によるアプリではないというメッセージが表示され、このアプリを信頼するかどうかをユーザに確認してきます。信頼を選択すると、アプリは通常のアプリと同じく実行されます。iPhone(iOS)を標的とした日本語のワンクリック詐欺が登場

このアプリを起動すると、アダルト動画サイトの会員ページ風なサイトが表示されます。ユーザはサイトの会員登録に同意したとして、利用料金の支払いを要求されるようです。期限内だと99,000円で、3日を過ぎると300,000円の支払いが請求されています。iPhone(iOS)を標的とした日本語のワンクリック詐欺が登場

対処方法

もし、インストールしてしまったとしてもアンインストールして下さい。支払い要求は無視して下さいと呼びかけています。シマンテックによるとこのアプリはユーザを欺いて料金を支払わせようとする詐欺の一部で、アプリ自体はデバイスに対して有害では無いとのことです。

何か不安がある方や詐欺サイトか分からない等ありましたらお気軽にご相談下さい

VoLTE以上の高音質を追求した無料通話アプリ「SkyPhone」

VoLTE以上の高音質を追求した無料通話アプリ「SkyPhone」最近は無料通話が当たり前の様になってきました。しかし、LINEは端末内のデータがサーバーに送信されるため不安を覚えるも少なくは無いと思います。
SkyPhoneはユーザ登録不要で利用できる無料通話アプリです。登録不要なので素早く利用できます。他にもノイズキャンセル機能や高音質で音声通話が出来ることが特徴です。端末内のデータがサーバに送信されることも無くプライバシーにも配慮されています。

高音質で通話できる事に特化して余計な機能を一切搭載していないことも特徴です。電話帳などから取得したデータを利用して知り合いが出てくることも無いので安心して利用できます。

無料通話アプリは人気ジャンルですが、通話品質が悪く結局電話してしまうという方も多いと思います。今まで無料通話アプリに不満を感じていた方達にもSkyPhoneはお勧めできる無料通話アプリです。
アプリはAndroid版、iOS版と両方とも提供されているため、幅広く利用する事が出来る。

MVNOユーザには特にお勧め!

最近は月額料金がとても安いMVNOユーザが多くなってきていると思います。しかし、MVNOには家族割りや同キャリア無料通話が存在しません。結局通話料が高くなってしまい、あまり変わらないという方にはSkyPhoneがお勧めです。

データ専用のSIMで利用している方もSkyPhoneで通話が可能になります。

SkyPhone専用の電話番号もアプリ起動後にワンタップで取得することが出来るので、良く通話する人同士で利用できるようにしておくと便利です。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/08/smartphone/735/

高音質で通話にストレスが無い

高音質を追求している無料通話アプリなだけ合ってやはり高音質です。
サンプリングレートに注目するとよく分かりますが、SkyPhoneのサンプリングレートは最大48000Hzです。
3G通話では8000Hzで、VoLTEでも16000Hzです。
以前Willcomからauに移ったときに通話音質が明らかに下がったと感じましたが、Willcomは44100Hzだったと思います。
CDの音質が44100Hzなので、SkyPhoneはそれを上回る通話音質という事になりますね。

実際に利用してみたところ、確かに通常の電話よりも高音質でWillcom同士の通話を思い出しました。
音声の遅延もほとんど無く、十分に満足のいくレベルの通話が行えます。

利用方法

詳しい利用方法は公式サイトに掲載されています。
こちらをチェックしておけば間違いないです。
SkyPhone 操作説明

アプリダウンロード

Android
iOS(iPhone)

SkyPhone 高音質でシンプルな無料通話アプリ