iOS9の特徴やリリース日、対応機種、iPhone6sなどをまとめてみた。

iOS9の特徴やリリース日、対応機種、iPhone6sなどをまとめてみた。先日「Apple Watch」の発売で賑わっていましたが、今度は「ioS9」と「iPhone6s」の話題で盛り上がっています。

おそらくどちらも例年通り行けば夏の「WWDC 2015」で発表されると思いますが、少しでも早く知りたいのが人間の性!というわけで、今出ている情報をまとめて見ました。

iOS9

Appleの次期OSとして発表されるであろう「iOS9」についてまとめて行きたいと思います。
リリース日や、対応機種、どのような機能が増えるのかOSの特徴についてもまとめて行きます。

iOS9のリリース日は?

一番気になるのはリリース日だと思います。
例年通り行けば夏の「WWDC 2015」で発表され、発表のタイミングでベータ版が開発者向けに配布されてから、正式版として我々が利用できるようになるのがiPhone6sの発売直前、直後になると思います。

現在の予想としては2015年9月中旬~下旬になると思われます。

iOS9の対応機種は?

新しい機種が発売されて古い機種を使っていると新しいOSは古い機種をサポートしてくれるのか心配になりますよね。

そんな皆様に吉報です。
AppleはiOS9で古いデバイスを切り捨てないようです。
どうやら、iPhone4siPad mini第1世代iPod touch第5世代などの古い端末もサポートしてくれるようです。
A5チップ搭載のiOSデバイスでもiOS9は利用出来るみたいです。

この古い端末にも最適化する姿勢はとても評価できますね!
もちろんこれより新しいデバイスを利用している方も当然対応していると思います。

iOS9が対応するデバイスはこんな感じですかね。
・iPad 3, iPad 4, iPad Air, iPad Air2, iPad Air3, iPad Pro

・iPad mini,iPad mini2, iPad mini3, iPad mini4

・iPhone4s,iPhone 5, iPhone 5c, iPhone5s, iPhone6, iPhone6 Plus, iPhone6s

・iPod touch(第5世代)

iOS9の新機能は?

これも気になる所ですね。いったいどのような新機能が追加される予定なのか!
今現在予想されている新機能をここではご紹介していきたいと思います。

ペアレンタルコントロール

最近はこの機能をよく見かけますね。
これは保護者が子どものスマートフォンを監視するための機能です。最近はインターネットとスマートフォンで子どもが何を行っているのか全然分からない保護者が多いので、しっかり監視下において子どもを危険から守ってあげられない事が多くなり事件にもなっていますね。

良くある例としてはゲームの起動時間やインターネットの利用時間を9時から11時と細かく制限できたりします。

ある程度の年齢になるまではしっかりと監視下において子どもを守ってあげましょう。

マルチユーザ対応

Windowsは結構前から対応していますよね。一つのデバイスを複数人で利用する場合はそのユーザ毎に個人設定や環境を変えてデバイスを共有できるようにする機能です。スマートフォンは当然一人一台という考えでしたが、最近は仕事とプライベートを同じ端末で利用する事が多くなりスマートフォンのマルチユーザ対応にニーズが出てきました。

FaceTimeの新機能対応

FaceTimeでビデオメッセージが送信できたり、会議通話が出来るようになるとのこと。
しかし、日本でFaceTimeって利用者どのくらいいるんだろうか…
結構少数だと思います。

最大5画面のマルチタスク対応

最大5画面のマルチタスク対応これはかなり利便性が向上しますね!
iPadに追加される機能のようですね。画面が小さいiPhoneでやっても作業しにくそうですが別に限定することも無いような…
タブレットのiPadでは画面も大きくなり5画面フルに生かせて作業が出来そうです。

デフォルトアプリの管理機能

例えばiOS8で話題になった「Apple Watch」のアプリ。消せないことで話題になっていましたが利用者に必要の無いアプリを管理できます。
自分にいらないアプリを非表示に出来るようです。

コントロールセンターの管理機能

コントロールセンターの管理機能
コントロールセンターの下部に自分が利用できるアプリを登録できるようになります。
どのように管理が出来るようになるのかは分かりませんが、利便性が向上しますね。

iPhone6s

さて、上記でiOS9マスターになりましたね!
これでiPhone使いの友達に自慢げにiOS9について話せますよw

次はiPhone6sの情報をまとめて行きます。

iPhone6sの発売日は?

どうやら発売日予想は2015年8月のようです。
iPhone6sの量産開始が2015年6月から始まるようなのであり得ない話では無いですね。

iPhone6sの値段は?

これは現状では特にリークや予想が無いようなので私の予想を載せておきます。
何か情報が出てきたら、更新したいと思います。

iPhone6(16G)の価格は日本の携帯キャリアでは7万円ちょいでした。
おそらくここから大きく変わるとは思えません。
しかし、為替相場が大きく去年と今では違います。
去年は107円前後でしたが、今は120円前後です。一ドル当たり約13円値上がりすると8,000円近く値上がるのではないでしょうか?

という事で8万円前後が私の予想です。

iPhone6sの新機能?

いったい今度の新しいデバイスはどのように進化しているのでしょうか。
iPhone6sの特徴をまとめたものを掲載しておきます。

・Force Touchの搭載
・ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチのまま
・Rose Goldカラーの追加
・カメラのアップグレード。背面カメラは1200万画素に?
・マイクの追加と通話品質の向上
・A9プロセッサーと2GB RAMの搭載
・ケーシングの構造改良による本体強度の向上
・5.5インチモデルへのサファイアレンズの搭載
・Apple Payに向けたTouch IDの認識精度の向上
・ジェスチャーコントロールのサポート
・量産は8月以降。4.7インチモデルと5.5インチモデルの出荷比率は2:1

まとめ

どうでしたか?
やはり新しい物が発売されるのはわくわくしますよね。

この記事の情報はまだAppleが発表したものでなくリーク情報や予想内容をまとめた物になっています。正式な発表は夏に行われる「WWDC 2015」で出てくると思いますのでその日を待ちましょう!
参考
9to5Mac
Phone Arena
gizmode

Apple Watchは水洗い推奨と公式がアナウンス

Apple Watchは水洗い推奨と公式がアナウンスいやー、どうして防水対応って事にならないんですかね?
発売前からApple Watchは非防水という事で皆さん失望されていましたが、水洗いを公式が推奨しているんですね。

なかなか面白いですね。

ちょっと調べてみたんですが、実はApple Watchの防水性能はIPX7なんです。
これはもう防水対応でいいのでは…?

IPX7とは?

IPX7はどのように見たら良いのかをご説明します。

Xは「防塵試験をしていない」事を意味しています。
7は「防水等級」になります。
保護等級は0~8まであります。
Apple Watchは水洗い推奨と公式がアナウンス

IPX7の欄を見てみると、30分間水深1mに耐えられると記載があります。
これは立派な防水では…w

15分間水に浸してみた

あるユーザが15分間水に浸してみるというちょっと怖い実験を行っています。

実験後も特にダメージは無かったようです。

Apple Watchの洗い方

Appleは装着して泳ぐことは推奨していませんが、エクササイズや雨、手を洗うときには装着したまま使用できると明記しています。
ただし、水に浸すことは推奨しませんと書かれていることからサポートはしないという感じですね。

1. Apple Watchの電源を切り、充電器から外す。
2. レザーバンドの場合にはバンドをAppleWatchから外す。
3. 10−15秒、蛇口から出る新鮮なぬるま湯にあてる。
4. デジタルクラウンを押したり回したりしてクラウンと本体の間に水が入るようにする。
5. 柔らかく、埃を防止する布でApple Watchを拭き、乾かす。
https://support.apple.com/en-ca/HT204522

次期モデルは防水対応で是非リリースして欲しいですね。

ドコモとKDDIがSIMロック解除を発表。ネットからは無料で出来る!

ドコモとKDDIがSIMロック解除を発表。ネットからは無料で出来る!昨日、SIMロック解除に関する発表をドコモとKDDI(au)が発表しました。ソフトバンクはやっぱり特に無しです。
5月からSIMロック解除の義務付けが始まる事は以前お話ししましたが、ようやく正式に対応が発表されましたね。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/07/smartphone/719/

ドコモもauも5月1日以降発売の機種についてはSIMロック解除を受け付けるとのことです。発売時から解除されているわけじゃ無いんですね。解除に当たっては色々と条件や費用もあったりするので比較しながら見ていきましょう。

docomoのSIMロック解除

 2015年5月1日以降の機種2015年4月30日までの機種
受付方法インターネットによる受付※3
電話による受付※3
ドコモショップ店頭受付
ドコモショップ店頭受付
事務手数料インターネットによる受付:無料
電話による受付:3,000円
ドコモショップ店頭受付:3,000円※4
3,000円

※1 一部の機種は対象外となります。また、受付条件によりSIMロック解除を実施できない場合がございます。(詳細については、当社のインターネットホームページをご確認ください。)
※2 2015年5月1日(金曜)以降に発売される機種は、機種購入日から6か月間の解除制限期間(SIMロック解除を行わない期間)を設けております。
※3 「ドコモ ケータイ」「XiTMデータ通信専用端末」等、一部の機種はドコモショップ店頭でのみ受付いたします。
※4 「ドコモ ケータイ」「Xiデータ通信専用端末」等、ドコモショップ店頭でのみ受付する一部の機種は、事務手数料が無料です。(但し、受付条件により有料になる場合がございます。)

ドコモの場合は、5月以前の機種については問答無用で3,000円の事務手数料がかかってしまうようです。逆に5月以降の機種はネットから自分で解除出来て、事務手数料も無料で行えるようですね。ネットから出来て無料というのはいいですね。

KDDI(au)のSIMロック解除

 2015年5月1日以降の機種2015年4月30日までの機種
受付方法インターネットによる受付
auショップ店頭受付
対象外
事務手数料インターネットによる受付:無料
auショップ店頭受付:3,000円
対象外

auの場合は5月以降の対象機種のみSIMロック解除が行えるようです。対象機種はdocomoと同じ店頭受付の場合は3,000円の事務手数料がかかります。ネットで行う場合は無料で行えます。5月以前の機種は対象外なのが主な違いですね。

解除制限期間

docomoとau共にSIMロック解除には解除制限期間が設定されています。
購入日から6ヶ月間はSIMロックを解除することが出来ません。半年間は端末を買ってもSIMフリー用にする事が出来ないと言うことですね。

まとめ

ソフトバンクはよく分かりませんが、対応すると言っています。詳細は不明です。

ネットから無料なのは、総務省が無料で解除を行うように義務づけたためでしょう。
MVNOも今後どんどん盛り上がりそうな市場なので様々な使い方が出来そうです。

GoogleがついにMVNO(格安SIM)に参入!「Project Fi」のサービス内容。

GoogleがついにMVNO(格安SIM)に参入!「Project Fi」のサービス内容。来月から本格的に激化しそうなMVNOですが、Googleが提供するMVNOサービス「Project Fi」のサービス内容が明らかになったようです。
MVNOについてはこちらをご覧下さい。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/07/smartphone/719/
https://sodicom.jp/blog/2015/04/08/smartphone/735/

Project Fiとは?

残念ながらまだ日本でサービスを提供するのかは分かりませんが、アメリカで開始するMVNOサービスとしては「Nexus 6」のみを対象機種として開始するようです。今回、明らかになったのはNexus 6向けに開発中のMVNO用のファームウェアとしてリークされた中身を解析したところ、GoogleのMVNOサービス内容について様々な記述が発見されたようで明らかになりました。

Project Fiのサービス内容

現時点で解析された内容としては以下の通りです。
・専用アプリ「Fi app」を利用する。
・MNPに対応。
・月額制のプランがある。
・未利用データ量については払い戻しがある? 利用データ量に応じた課金制?
・プランは1G単位。
・音声通話にも対応。
・海外でも格安ローミングサービスの開始があるかも。
・端末間のデータシェアにも対応。
・利用回線は「SprintとT-Mobile」。

もし日本でもサービスが開始されたらどこの回線になるんでしょうか。
ソフトバンクだったら嫌だな…
きっと圧倒的なコストパフォーマンスを発揮してくれると思います!
正式発表に期待しましょう。

【iOS8.3】配信開始!iPhone6/6plusはVoLTEに対応!約70項目の強化と不具合修正。

【iOS8.3】配信開始!iPhone6/plusはVoLTEに対応!約70項目の強化と不具合修正。明日はいよいよApple Watchの試着/予約開始ですね。皆さんは購入検討していますか?私は今のところ買うつもりはありませんw
時計で非防水って言うのとGPS非対応って言うのは厳しいです…

今日は「iOS8.3」が配信開始されました。前回8.2が配信されたときは絵文字もなくていらないアプリが入ってしまい不評でしたが、今回はなんと絵文字も新しくなり、VoLTEにも対応するという配信です。対象者はアップデートしてしまった方が良いでしょう。
また、au,docomo,Softbankの三社共にVoLTEの対応を発表しました。
https://sodicom.jp/blog/2015/03/10/smartphone/iphone/545/

VoLTE(ボルテ)とは?

簡単に言えば高音質通話に対応している通信方式です。
従来の通話よりも高音質な通話で電話が出来るのと、通話中でも高速データ通信が可能になります。
さらに、呼び出しのレスポンスも早くなり良いことだらけです。

今まで通話中は通信が出来なかったauのiPhoneでもVoLTEのコンカレント通信によって、電話しながらネットが使えるようになります。
今回の更新でVoLTEをオンにすると、3G通信での音声通話およびデータ通信が無効となります。常に4GLTEで通信が出来るようになります。

更新内容

今回の更新内容は約70項目です。

このリリースには、パフォーマンスの向上、バグ修正、およびデザインが一新された絵文字キーボードが含まれます。変更点は以下の通りです:

パフォーマンスの向上
・Appの起動
・Appの反応性
・メッセージ
・Wi-Fi
・コントロールセンター
・”Safari”のタブ
・他社製キーボード
・キーボードショートカット
・簡体字中国語キーボード

Wi-FiおよびBluetoothに関する修正
・ログイン資格情報を継続的に要求されることがある問題を修正
・一部のデバイスでWi-Fiネットワークへの接続が断続的に解除される問題に対処
・ハンズフリー通話が切断されることがある問題を修正
・一部のBluetoothスピーカーでオーディオ再生が停止することがある問題を修正

画面の向きと回転に関する修正
・画面が横向きに回転した後、縦向きに戻らなくなることがある問題に対処
・デバイスを縦向きや横向きに回転させたときに起こるパフォーマンスと安定性の問題を改善
・iPhone 6 Plusをポケットから出したときに画面が逆さまになる問題を修正
・マルチタスクでAppを切り替えた後、Appが正しい向きに回転しないことがある問題を解決

“メッセージ”に関する修正
・グループメッセージが分割されることがある問題に対処
・個々のメッセージを転送または削除できなくなることがある問題を修正
・”メッセージ”で写真を撮ったときにプレビューを表示できないことがある問題を解決
・迷惑メールを”メッセージ”Appから直接報告できる機能を追加
・連絡先に登録されている人以外から送信されたiMessageをフィルタできる機能を追加

ファミリー共有に関する修正
・特定のAppが家族のデバイスで起動しない、またはアップデートされないバグを修正
・特定の無料Appを家族がダウンロードできないバグを修正
・”承認と購入のリクエスト”の通知の信頼性が向上

CarPlayに関する修正
・”マップ”が黒い画面になることがある問題を修正
・UIが不適切な向きで表示されることがある問題を修正
・キーボードが不適切な状況でCarPlay画面に表示されることがある問題を修正

エンタープライズに関する修正
・エンタープライズAppのインストールとアップデートの信頼性が向上
・”IBM Notes”で作成されるカレンダーイベントのタイムゾーンを修正
・再起動後にWebクリップのアイコンが汎用アイコンになることがある問題を修正
・Webプロキシのパスワード保存の信頼性が向上
・Exchangeの不在メッセージを社外返信用に別途編集できる機能を追加
・接続の一時的な問題からのExchangeアカウントの回復機能を改善
・VPNおよびWebプロキシソリューションの互換性が向上
・公衆Wi-Fiネットワークへの接続などのために使用されるSafari Webシートで、物理キーボードを使ってログインできる機能を追加
・欠けるほど長いメモを持つExchangeの予定表で起きている問題を修正

アクセシビリティに関する修正
・”Safari”で戻るボタンを使ったときにVoiceOverジェスチャが反応しない問題を修正
・”メール”の下書きメッセージでVoiceOverのフォーカスの信頼性が失われる問題を修正
・Webページ上のフォームに点字画面入力を使ってテキストを入力できない問題を修正
・点字ディスプレイでクイックナビゲーションのオン/オフを切り替えたとき、クイックナビゲーションがオフになったとアナウンスされる問題を修正
・VoiceOverが有効になっているときにホーム画面上のAppのアイコンを移動できない問題を修正
・画面の読み上げで一時停止した後に読み上げが再開されない問題を修正

その他の機能改善およびバグ修正
・300以上の新しい文字を含む、デザインが一新された絵文字キーボードを導入
・OS X 10.10.3の新しい”写真”Appと連係するようにiCloudフォトライブラリを最適化し、ベータが終了
・”マップ”でのターンバイターンのナビゲーション中に読み上げられる道路名の発音を改善
・Baum VarioUltra 20およびVarioUltra 40点字ディスプレイのサポートを追加
・”透明度を下げる”がオンになっているときのSpotlight検索結果の表示を改善
・iPhone 6 Plusの横向きキーボードにイタリックと下線のフォーマットオプションを追加
・Apple Payで使用される届け先住所と請求先住所を削除できる機能を追加
・Siriの言語と国のサポートを追加: 英語(インド、ニュージーランド)、デンマーク語(デンマーク)、オランダ語(オランダ)、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語(ロシア)、スウェーデン語(スウェーデン)、タイ語(タイ)、トルコ語(トルコ)
・音声入力の言語を追加: アラビア語(サウジアラビア、アラブ首長国連邦)、ヘブライ語(イスラエル)
・”電話”、”メール”、Bluetooth接続、”写真”、”Safari”のタブ、”設定”、”天気”、および”ミュージック”のGeniusプレイリストの安定性が向上
・特定のデバイスで”スライドでロック解除”が機能しないことがある問題に対処
・ロック画面でスワイプして電話に応答できないことがある問題に対処
・”Safari”のPDF内のリンクが開けない問題に対処
・”Safari”の設定で”履歴とWebサイトデータを消去”を選択したときにすべてのデータが消去されない問題を修正
・”FYI”が自動修正されない問題を修正
・クイック返信でコンテキストに適した予測変換が表示されない問題に対処
・”マップ”でハイブリッドモードから夜間モードに切り替えられない問題を修正
・ブラウザまたは他社製AppでFaceTimeのURLを使ってFaceTime通話を開始できない問題を解決
・Windowsのデジタル・カメラ・イメージ・フォルダに写真を正常に書き出せないことがある問題を修正
・”iTunes”でiPadのバックアップが完了しないことがある問題を修正
・Wi-Fiからモバイルデータ通信に切り替えたときにPodcastのダウンロードが停止することがある問題を修正
・ロック画面でタイマーの残り時間が誤って”00:00″と表示されることがある問題を修正
・通話の音量を調整できないことがある問題を修正
・ステータスバーが不適切な状況で表示されることがある問題を修正

絵文字について

今回の更新で絵文字が新しくなります。
以前の絵文字と互換性はないため環境が違うと全く違う絵文字が表示されてしまいます。
これには注意が必要です。エイリアンだらけになってしまっていますねw
https://twitter.com/ohnorosco/status/585900538610454529

VoLTEを利用するための設定

VoLTEを利用するためには、iOS更新後にキャリア設定アップデートを行わなくてはなりません。iOSの更新が終わると、キャリア更新アップデートの表示が出るので更新しましょう。

その後、設定のモバイルデータ通信から設定を行い始めて利用可能になります。
更新をしただけでは利用は出来ないので注意が必要です。
設定の仕方は下記サイトをご覧下さい。
iOS :キャリア設定をアップデートする

おすすめMVNOのデータ/通話サービス徹底比較 2015年版

おすすめMVNOのデータ/通話サービス徹底比較 2015年版今回は話題のMVNOを比較しておすすめの会社/サービスをご紹介していきたいと思います。
前回MVNOやSIMフリーに関してご紹介しました。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/07/smartphone/719/

今回はMVNOはいっぱいあって何を使えば良いのか分からないという方に、実際に使うならここがおすすめ!という会社をご紹介していきます。
音声通話対応(090/080/070)している主要な格安SIM(MVNO)はもちろん、データのみでいいやという方にもデータ専用格安SIMをまとめて行きます。

データ通信専用格安SIM

データ通信だけでいいなら基本的に月額1,000円前後で利用する事が出来ます。
主に月に2~3GBのLTE通信が利用できる格安SIMをご紹介していきます。

BIC SIM(for IIJmio) ミニマムスタートプラン 972円 docomo


こちらは家電販売店の「ビックカメラ」が行っている格安SIMです。
今月から1ヶ月に利用できるデータ量が2GBから3GBに増量されました。
利用料金は月額972円になります。

回線はドコモ系で、IIJmioのビックカメラ版という感じです。サービス内容は同じです。
最近とても勢いが有り、コスパもサービスもかなり優秀な格安SIMになります。
ビックカメラの店頭でサポートを受けられることも大きな利点です。
通常は店舗がないのでメールや電話でサポートを受けることになります。
よく分からないSIMの初期設定等も店頭でサポートしてくれますよ。
余ったデータ量は翌月末まで繰り越せます。
制限時の通信速度は200kbpsで、解除するには100MBあたり216円になります。
IIJmioひかり契約者であれば月額料金から648円引きで利用できます!

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,229円

OCNモバイルONE 110MB/日コース 972円 docomo





こちらはNTTの子会社が行っている格安SIMです。
今月より一日に利用できるデータ量が70MBから110MBになりました。
1ヶ月換算にすると3.3GB利用する事が出来ます。BIC SIMより若干多いですね。
利用料金は月額972円になります。

回線はドコモ系です。
CMはマツコデラックスが出演していて最近勢いがかなりある格安SIMになります。
NTTコムが行っていると言うことで実質ドコモの格安SIMになります。コスパも良いし、ドコモという事で流石に安定しています。ドコモの回線のように安定した環境で利用したい方にはおすすめです。
余ったデータ量は翌日末まで繰り越せます。
制限時の通信速度は200kbpsで、解除するには1回540円になります。
OCN光契約者であれば月額料金から216円引きで利用できます!

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

PLAY SIM(for Amazon) プラン4GB 950円 docomo


ソニーの子会社So-netが行っている格安SIMです。
一番安いのに一番データ量があります。
今月価格改定が有りお得になりました。
1ヶ月に利用できるデータ量が4GBとかなり多めです。
利用料金は月額950円になります。

回線はドコモ系です。SIMの販売だけAmazonが行っています。
コスパを考えたら一番おすすめの格安SIMですが、サービスレベルはIIJmioやOCNより劣ります。ただ、それでも普段使いであれば問題ないレベルの水準は備えています。無名の格安SIMを買うならこちらをお勧めします。
余ったデータ量は繰り越せません
制限時の通信速度は200kbpsで、解除するには100MBあたり540円になります。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

UQ mobile データ高速プラン 1,058円 au


auユーザの皆様。お待たせしました。
KDDIの子会社UQ mobileが行っている格安SIMです。
1ヶ月に利用できるデータ量が2GBと若干少なめです。
利用料金は月額1,058円になります。
注意点はLTE専用と言うこと。端末が3Gの場合は利用できません。

回線はau系です。
KDDIの子会社なので実質auの格安SIMになります。
通信環境はかなり良いと評判です。
ドコモ系と比べると若干高いですが、auの料金と比べたら安いです。
ただし、SMS機能が標準で搭載されているので、同条件なら変らないですね。
余ったデータ量は繰り越せません
制限時の通信速度は200kbpsで、解除は出来ません。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

mineo(マイネオ) シングルタイプ 3GB 1,058円 au


今月に入ってデータ量が2GBから3GBに増加した注目の格安SIMです。
KDDI系列じゃないと怖いとか不安という方以外はこちらの方が良いですね。
1ヶ月に利用できるデータ量が3GBです。
利用料金は月額1,058円になります。

回線はau系です。
UQと同じくSMS機能が標準でついています。
余ったデータ量は翌月末まで繰り越せます。
制限時の通信速度は200kbpsで、解除は100MBあたり162円です。
注意点は最低利用期間1年とそれを破った際の違約金10,260円が設定されていることです。
一年使う予定がない場合はUQの方が良いですね。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

音声通話対応格安SIM

上記ではデータ通信専用という事でおすすめをご紹介させて頂きました。
しかし、携帯を利用しているほとんどの方は通話機能を利用していると思いますw
というわけで、今度は音声通話対応(090/080/070)の格安SIMを比較していきますよ。
主に月額2,000円前後の物をまとめていきます。

BIC SIM(for IIJmio) 音声通話パック 1,728円 docomo


データ通信でも紹介しましたが家電販売店の「ビックカメラ」が行っている格安SIMです。
利用料金は月額1,728円になります。

回線はドコモ系です。
ビックカメラの店頭でサポートを受けられることも大きな利点です。
通常は店舗がないのでメールや電話でサポートを受けることになります。
よく分からないSIMの初期設定等も店頭でサポートしてくれますよ。
そして、即日MNPが出来る点にも注目です。
MVNOは通常MNPで転入するのに1週間前後を要します。
仕事で利用している人も即日で出来るため変更のハードルが一気に下がっています。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,229円

OCNモバイルONE 音声通話SIM 1,728円 docomo





同じく紹介済みですがNTTの子会社が行っている格安SIMです。
利用料金は月額1,728円になります。

回線はドコモ系です。
NTTの子会社と言うことで安定した通信環境と音声通話が利用できます。
MNPはゲオアキバ店(秋葉原)でのみ即日で行う事が出来ます。
首都圏に住んでいない人は時間がかかってしまいます。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

DMM mobile 通話SIMプラン 1,360円 docomo



「艦隊これくしょん~艦これ~」や「DVDレンタル」、「動画配信」で有名なDMMが行っている格安SIMです。
利用料金は月額1,360円になります。

回線はドコモ系です。
コスパはかなり良いですね。またユーザからの評価も高くて安定しているようです。
MNPには数日かかってしまいますので注意が必要です。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

mineo(マイネオ) デュアルタイプ 3GB 1,576円 au


データ専用でも登場したmineoです。ベッキーや有吉が広告塔になっている今注目の格安SIMです。
利用料金は月額1,576円になります。

回線はau系です。
こちらはMNPが即日行えませんが、到着後に自分で切り替えが出来るため、実質即日MNPが出来ます。

開通までに必要な費用
パッケージ代:3,240円

まとめ

さて、データ通信専用と音声通話対応の両方をご紹介させて頂きましたが、ニーズに合った物はありましたか?
データ通信専用はモバイルルーターに入れたり、タブレットに入れて活用することが多いと思います。スマホで利用する場合は音声通信に対応した物でそのままMNPがおすすめです。
5月にSIMロック解除義務化が始まり、更にMVNO市場は激戦区になっていくと思います。逆に主要キャリアは2年縛りが出来なくなるので端末代が値上がったり、利用者にとってはデメリットが出てくるかもしれません。今の自分の利用環境に合わせて最適な通信サービスを選んで見て下さい。

5月からSIMロック解除(SIMフリー)義務化で何が変るの?格安SIMって?

5月からSIMロック解除(SIMフリー)義務化が始まる。何が変るの?最近では格安SIMということでMVNOが人気です。
SIMロック解除義務化とは総務省指導のもと、2015年5月より開始が見込まれています。いったい何の話なの?って言う方も多いと思います。
そもそも格安SIMって何なの?携帯料金安くなるの?今日はそういった疑問を解消していきたいと思います。

おすすめのMVNO(格安SIM)についてはこちらをご覧下さい。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/08/smartphone/735/

SIMロックとは?

そもそも「SIMロック」とは何なのか?
答えは「特定のキャリアでのみ利用できるように端末に制限をかけること」です。

例えば、docomoで端末を購入したけど、softbankで使いたい場合、そのままの状態ではロックがかかっていて利用する事が出来ません。この端末をsoftbankで利用するためには「SIMロック解除」を行わなくてはなりません。
現在ドコモでは一部端末を除き3,240円の手数料を払うことでロックを解除してくれます。

5月からはこのSIMロックが解除された状態で端末が販売されることになります。
5月になっても今使っているSIMロック端末が解除されることは無いと思います。5月以降に発売される端末のみフリーになると予測しています。

SIMフリー端末とは?

MVNOの影響でSIMフリー端末という単語を聞く機会が増えましたねw
SIMフリー端末とは、上記で説明したSIMロックがかかっていない状態の端末を示します。

基本的に海外ではSIMフリーが当たり前で、SIMロックがかかった端末は少ないです。
海外旅行に行ったときに海外でSIMカードを購入してプリペイド的な感じで利用する場合も日本のキャリアの端末では利用できません。SIMフリー端末が必要になります。

5月からはSIMフリー端末になる予定なので海外でも利用することが出来ます。
現在国内で販売されている人気のSIMフリー端末はこちら。

様々な端末が発売されています。2年縛りもなく、端末を普通に購入して利用する人も増えてきました。

格安SIMとは

最近ホントに良く聞く単語です。
これは簡単に言えば「MVNO」が提供するSIMの事です。

MVNOとは?

MVNOとは日本の主要キャリア(docomo,au,softbank)の回線を借りて、独自の通信プランを提供する事業者の事を示します。キャリアで契約するよりも、安価なプランが用意されていることが多いため格安SIMと呼ばれています。

格安SIMは通話付きのプランで2,000円前後で利用する事が出来ます。

何故安価なプランを提供できるのか気になると思いますが、店舗(docomoショップのような)がない事やサポート体制が万全でないことですかね?
以前は通信速度が遅かったり、データ通信しか出来ないから等ありましたが、最近は通信速度も速いし、通話も出来るサービスが多く出てきました。

格安SIMはSIMフリー端末以外では利用できない?

ここは気になる所だと思います。
なんとSIMロック端末でも利用する事が出来ます

ただし、一部条件があります。
MVNOはキャリアの回線を利用しているため、利用している端末と同じキャリアの端末なら利用する事が出来ます。
例えば、ドコモの端末を持っている場合はドコモの回線を借りているMVNOなら利用できます。
MVNOがどこの回線を利用しているかは下記の記事をご参照下さい。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/06/smartphone/678/

ドコモとauの端末はMVNOを利用する事が出来ますが、ソフトバンクは利用できません。

iPhoneで格安SIMは利用できる?

現在iPhoneのSIMロック解除に応じてくれる国内キャリアはありません。
ただし、利用する事は可能です。

上記で説明した、端末と同じキャリアの回線を利用しているMVNOならSIMロックがかかっていても利用する事が出来ます。
docomoとauのiPhoneを利用している方はMVNOで利用する事が出来ます。
ソフトバンクは残念ながら利用する事は出来ません。

結局携帯料金は下がるの?

今の携帯代金にもよりますが、基本的に2,000円前後で利用する事が出来るので、ほとんどの方は下がると思います。
但し、通話が多い方で「かけ放題」プランの方は通話の利用状況によっては変らない、もしくは高くなってしまうかもしれません。
MVNOは基本的に通話料が30秒/20円と設定されているので、かけ放題プランには勝てません。
それなりに通話するけどかけ放題じゃないって方は「楽天電話」を利用する事で今より安くなるかもしれません。

楽天電話は基本料無料電話番号そのまま通話料を半額にすることが出来ます。
30秒/10円にする事が出来ます。詳しくはリンク先の説明をご覧下さい。
かけ放題にするまで通話しないっていう方でも楽天電話でかなりお得に利用する事が出来るかもしれません。

ちなみに今って月額いくらぐらいで利用していますか?

Loading

今の携帯電話料金の月額はいくら?

Thank you for voting
You have already voted on this poll!
Please select an option!

まとめ

さて、ここまでの説明でMVNOやSIMフリーが何となく分かりましたでしょうか?
携帯電話のような固定費がかかる物は出来るだけ安く利用したいものです。
是非一度見直してお得なプランをチョイスしてみて下さい!

ホームページ製作も出来るだけ安くと言うことであれば是非一度ご相談下さいね!
お問い合わせ

OCNモバイルONEがルーター+クレードル付きで特価販売中!

OCNモバイルONEがルーター+クレードル付きで特価販売中!
AmazonでNEC Aterm MR03LN【OCN モバイル ONE マイクロSIM付きセット】クレードル付属が特価販売中です。
25,488円⇒15,900円
通常はルーターのみでだいたい21,000円ぐらいで販売されています。

NEC Aterm MR03LNは使える?

連続通信はWi-Fiで連続通信時間12時間で、Bluetoothだと24時間可能です。
1日外で通信していてもバッテリーは持ちそうです。
寝床に電源がない場合を除いて特に動作時間は気にしなくて良さそうですね。

製品レビューを見てみると、外出時の通信のみならず自宅の通信もこれで補っている方も多いようですね。
ネットとメールぐらいしか自宅で利用しないなら全然ありだとおもいます。

OCN モバイル ONEは使える?

私は使いたくないですw
下記のようなことがあったので…
https://sodicom.jp/blog/2015/02/06/daily/327/

しかし、OCNモバイルONEはかなり人気のようです。
マツコ・デラックスさん出演のCMで認知度があがり、すごい勢いでユーザが増えているようです。
その弊害で今だと通信速度が遅すぎて使えないレベルに達しているみたいですね。

ルーターセットで買っても、OCNモバイルONEのSIMは速攻で解約しても違約金がかからないので、今使っているSIMか自分の使いたいSIMを刺せば良いと思います。

MVNO何が早いかって言うのは地域や使用環境にもよるので、一度試してみないと一概に何とも言えないのでとりあえず使ってみましょう。

Apple Watchは防水?GPS内蔵?値段は?機能は?気になるところを解説

Apple Watchは防水?GPS内蔵?値段は?機能は?気になるところを解説
先日アップルの発表で大注目されている「Apple Watch」。
昨年の9月に発表されて以来ずっと注目が集まっていましたが、ついに明らかになりました。

そして、Apple Watchに対応するためにひっそりと「iOS8.2」がリリースされています。
https://sodicom.jp/blog/2015/03/10/smartphone/iphone/545/

Apple Watchは今話題のウェアラブルデバイスです。
単体で使えるのとか気になることはいっぱいありますね。

私が一番気になったのは「防水」対応しているのか。
やっぱり、時計として身につけるなら防水は結構重要ですよね。

今回は色々と気になる点を調べていきます。

Apple Watchの値段は?

やはり何と言っても気になるのは値段ですね!
まず、Apple Watchには標準モデルと「Sport」、「Edition」モデルがあります。

標準モデルは「ステンレススティール」で作られています。
「Sport」はアルミニウム素材を利用したシルバーとスペースグレーの2色です。
「Edition」18カラットゴールドを利用したイエローとローズの2色です。
Apple Watchは防水?GPS内蔵?値段は?機能は?気になるところを解説

Apple Watch Sport:約48,000円(42mm) , 約42,000円(38mm)
Apple Watch:約133,000~70,200円(42mm) , 約127,000円~67,200円(38mm)
Apple Watch Edition:約100万円

最上位モデルの「Edition」は約100万円強です。
流石に18カラットゴールドを利用しているだけあって高いですね…
もちろん数量限定のようです。

Apple Watchの発売日は?

最初のリリースは9カ国です。
もちろん日本も入っていますよ!
日本/アメリカ/イギリス/オーストラリア/カナダ/中国/香港/フランス/ドイツ

発売日は2015年4月24日です。
そう。私の誕生日です!
誕生日プレゼントはApple WatchじゃなくてPS4でお願いしますw

Apple Watchのバッテリー駆動時間は?

公式発表では18時間持つようです。
どのような使用方法で持つのでしょうか。
利用していて18時間なのか待機で18時間なのかわかりません…

アップルは「All Day」と言ってましたので心配はいらないのかな…

Apple Watchは防水?

やっぱり腕時計として使うなら気になりますよね。
しかし残念ながら非防水の様です。
「IEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能」と記載されています。
防水性能はありません。

汗や汚れがすごそうなので水でがっつり洗いたいんですけどそれはかなわなそうです。

Apple WatchにGPS機能は?

Apple Watchには残念ながらGPS機能は付いていません

スマートウォッチというか、ウェラブルデバイスはランニングを初めとしたスポーツ中に利用する人が多いので、GPS機能が無いのは結構痛いですね。
GPS機能が無いと、運動データのトラッキングが出来ないのでそこはとても残念ですね。

Apple Watchの特徴としては下記の物が上げられます。

特徴
・シルバーまたはスペースグレイの酸化皮膜処理されたアルミニウムケース
・Ion-Xガラス
・感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ
・合成裏蓋
・ステンレススチールピン式スポーツバンド
・Digital Crown
・心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
・環境光センサー
・スピーカーとマイクロフォン
・Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
・Bluetooth 4.0
・最大18時間駆動するバッテリー
・耐水仕様

Apple Watchの基本的な機能は?

いったい何が出来るのか。
これも気になるところですね。

まず、ユーザが自由にカスタマイズできるフェイスが沢山あるみたいです。

基本的な機能:天気/カレンダー/音楽再生/心拍数測定/SNS/メッセージ(SMS?)の通知/着信通知/メール通知・表示

いわゆるスマートウォッチの機能は全てそろっていますね。
最近はiPhoneでもヘルスケアが充実してきているので、活動量計にもなりそうですね。

Apple Watchでの健康的な生活のデモ動画がこれです。

株価をリアルタイムで見たり、スポーツの結果やsiriも利用できるようです。

Apple Watchのデモ動画がこれです。基本的な機能が全部分かりますね。

まとめ

今の私には必要ないですね。
すこし、期待外れでした。

現状ではiPhoneを利用している人はおもちゃとして使うレベルな感じがします。
何か「革新的」なデバイスではなかったのが残念です。

我らの「SONY」が革新的なデバイスを発表してくれることを期待していますw

【iOS8.2】配信開始!しかし、アップデートで消去不能な「Apple Watch」が強制追加

【iOS8.2】配信開始!しかし、アップデートで消去不能な「Apple Watch」が強制追加
iOSの最新版「iOS8.2」が配信開始されました。
世間はApple Watchの話題で盛り上がっているところひっそりと公開されましたね。

https://sodicom.jp/blog/2015/03/10/smartphone/548/

しかし、アップデートしてしまうと「Apple Watch」なるアプリがインストールされてしまい、消去不可能な様です。
広告が盛りだくさんのアプリなのでApple Watchを使う予定がない方は注意が必要です。

※追記
iOS8.3が公開されました。
https://sodicom.jp/blog/2015/04/09/smartphone/754/

iOS8.2の内容

iOS8.2ではApple Watchのサポートの他には、ヘルスケアアプリの機能改善と安定性の向上、バグ修正などが含まれているようです。

Apple Watchのサポート
・新しいApple Watch Appで、iPhoneとのペアリングと同期、およびWatchの設定のカスタマイズが可能
・新しい”アクティビティ”AppでApple Watchに保存されているフィットネスデータや成果を表示可能(Apple Watchがペアリングされている場合)
・iPhone 5以降で利用可能

“ヘルスケア”Appの機能改善
・距離、体温、身長、体重、および血糖値の単位を選択できる昨日を追加
・大量のデータを処理する際の安定性が向上
・他社製Appでのワークアウトセッションを追加して視覚化できる新機能
・ユーザがメディカルIDに写真を追加できないことがある問題に対処
・ビタミンとミネラルの単位を修正
・データソースの順序の変更後にヘルスケアデータが更新されない問題を修正
・一部のグラフにデータ値が表示されない問題を修正
・歩数、距離、および上った階段の追跡をオフにできるプライバシー設定を追加

安定性の向上
・”メール”の安定性が向上
・”マップ”のFlyoverの安定性が向上
・”ミュージック”の安定性が向上
・VoiceOverの信頼性が向上
・Made for iPhone補聴器との接続を改善

バグの修正
・”マップ”で一部のよく使う場所へのナビゲーションができない問題を修正
・クイック返信メッセージの最後の単語が自動修正されない問題に対処
・iTunesの購入済みコンテンツが重複している場合にiCloudの復元が完了しないことがある問題を修正
・一部の音楽やプレイリストがiTunesから”ミュージック”Appに同期されない問題を解決
・削除したオーディオブックがデバイスに残ることがある問題を修正
・Siriのアイズフリーを使っているときに通話の音声が車のスピーカーに転送されないことがある問題を解決
・Bluetoothでの通話で、通話に応答するまで音声が聞こえない問題を修正
・”カレンダー”のイベントがグリニッジ標準時で表示されるタイムゾーンの問題を修正
・Exchangeカレンダーでカスタムの繰り返しの予定から特定のイベントが抜け落ち問題に対処
・他社製ゲートウェイの背後でExchangeアカウントを設定できない証明書のエラーを修正
・Exchangeの予定に関する主催者のメモが上書きされることがある問題を修正
・”カレンダー”の一部のイベントで、出席依頼に承諾した後も自動的に”予定あり”と表示されない問題を解決

絵文字の追加は次期OS「iOS8.3」で行われる予定です。
なんだか、Apple Watchのためのアップデートの様な感じになってしまいましたね。
それ以外にたいした変化がないため、ネット上では反発が起きてますw