投稿

iOS 10.2が公開!スクリーンショット撮影が無音化可能に

iOS 10.2が公開!スクリーンショット撮影が無音化可能にアップル(Apple)が「iOS 10.2」を公開しました。このアップデートで日本向けの端末は、スクリーンショットを撮影するときにうるさかったシャッター音を、無効化することが可能になりました。

電車の中等公共の場所でスクリーンショットを撮ると、盗撮していると勘違いされてしまう恐れがあり、今までむやみやたらにスクリーンショットを取れないという事がありましたが、今後は撮影が気軽に行えます。

iOS 10.2の変更点

TV

・「次はこちら」を使用して、現在視聴中の映画や番組を確認したり、途中まで見ていたものの続きから再開することが可能
・「今すぐ再生」で、おすすめの新作映画やTV番組を入手
・「Store」で新しいAppや最新の「iTunes」リリースを発見
・iTunesで購入およびレンタルしたものは「ライブラリ」に表示

絵文字

・細部に至るまで美しく見えるようデザインを変更
・新しい顔、食べ物、動物、スポーツ、職業を含んだ100個以上の新しい文字を追加

写真

・「Live Photos」の安定性を改善し、より高速なフレームレートを実現
・「ピープル」アルバムで、同一人物の写っている類似の写真の分類の正確性を向上
・「メモリー」でスクリーンショット、ホワイトボード、レシートなどの写真からメモリーを作成してしまう問題を修正
・iPhone 7 Plusで、カメラロールから戻ったときにズームインしたままになっている問題を修正
・サポートするデジタルカメラのRAW形式を追加

メッセージ

・新しい「ハート」と「お祝い」のスクリーンエフェクトを追加
・メッセージでキーボードが表示されない問題を修正

ミュージック

・「再生中」の画面を上にスワイプして、「シャッフル」、「リピート」、「次はこちら」に簡単にアクセス可能に
・「ライブラリ」でプレイリスト、アルバム、曲の並び替え順を選択可能

News

・あとで読むようにした記事が「Saved」に表示
・購読の登録をしたチャンネルからの有料記事が「For You」で専用の場所に表示
・次の記事に移動するのが簡単になった。左にスワイプするか、「Next Story」をタップ

メール

・「移動」シートが、メッセージの移動後もそのまま残っている問題を修正
・長押しでコピー&ペーストがうまく行えない問題を修正
・スレッドを削除したあと、間違ったメッセージが選択されてしまう問題を修正

アクセシビリティ

・「VoiceOver」に「BraillePen14」のサポートを追加
・VoiceOverで、点字表が予期せず切り替わってしまう問題を修正
・「Siri」の高品質音声がVoiceOverで使用できない問題を修正
・VoiceOverのユーザがリストの項目を再整理することができない問題を修正
・「スイッチコントロール」で留守番電話を削除できない問題を修正

その他の改善および修正

・カーテン/ブラインド、人の検知、動き、ドア/窓、煙、一酸化炭素、水漏れセンサなどを含む「HomeKit」アクセサリ用の通知のサポートを追加
・HomeKitアクセサリ用のファームウェアアップデートがある時の通知のサポートを追加
・他社製のアクセサリとのBluetoothのパフォーマンスおよび接続を改善
・「FaceTime」に参加している人がぼやけて見える問題を修正
・FaceTime通話で、縦横比および画面の向きが間違って見える問題を修正
・「Visual Voicemail」の再生を完了できない問題を修正
・「Safari」のリーダーで、記事が空白のページで開いてしまう問題を修正
・Safariのリーディングリストで記事を既読にすると、Safariが予期せず終了してしまう問題を修正

iPhoneはアプリを閉じてしまうとバッテリーを無駄に消費してしまう

iPhoneはアプリを閉じてしまうとバッテリーを無駄に消費してしまうiPhoneを使っていると、アプリを終了して無駄な電池消費を抑えるために「ホームボタン2回押し」でアプリを閉じていると思います。無駄にアプリが動いているよりも終了した方が電池の持ちも良さそうだと考えてやっていると思いますが、実はこれ逆効果だったようです。

実はiPhoneは使用していないアプリを自動的にスリープ状態にしています。手動で閉じても既に閉じているアプリを強制終了している事になるので、無駄に電力を消費してしまいます。

手動で強制終了する場合に以下の無駄な電力を消費してしまいます。

    ・手動で強制終了する動作に必要な画面の電力消費
    ・またアプリを起動するときに必要な電力消費

最近使ったアプリの表示はあくまで操作性向上のため

ホームボタンを2回押ししたときのアプリの表示は、バックグラウンドで起動しているわけでは無く、あくまでアプリの使用履歴のようです。実際に起動しているわけでは無いので、アプリが反応しなくなったときのみ強制終了する使い方が電池の節約に繋がります。

ただし、アプリのスリープ機能はiOS 7以降の仕様なので、それ以前のiOSを使用中の方はまた違ってきます。

Appleのサポートにも記載がある

アプリを強制終了するという項目で、Appleの公式サイトにも記載がありました。

ホームボタンをダブルクリックすると、最近使った複数の App が表示されます。これらの App は開いているわけではなく、操作しやすく、マルチタスクで扱えるように、スタンバイモードになっています。App は反応しなくなった場合に限り、強制終了してください。
参考:support.apple.com

アプリを閉じてしまうクセがある人はこれを機会に改めて、バッテリーの節約に努めてみてはいかがでしょうか?

小さな新型iPhoneが6Sと同等の性能になって4インチで登場「iPhone SE」

小さな新型iPhoneが6Sと同等の性能になって4インチで登場「iPhone SE」Appleが本日開催したスペシャルイベント「Let us loop you in.」の中で、新しいiPhoneが発表されました。以前から噂されていたサイズダウンしたiPhone SEです。

外観はiPhone 5Sと同じでも中身がiPhone 6Sと同等な性能になっています。iPhone 6のサイズは大きすぎて使いにくいという声が多かったのでサイズダウンして4インチモデルを新たに追加したという感じですね。

色にはiPhone 5Sには無かった「ゴールド」と「ローズゴールド」の2色が追加されて4色でのラインナップ展開になっています。

予約開始は3月24日からで発売は3月31日です。

iPhone SEのスペック

iPhone SEのスペックCPUにはiPhone 6Sと同じ64bitのA9チップを搭載し、CPUとGPU性能はiPhone 5Sの約2倍の性能になっています。

メインカメラには4K動画、240fpsのスローモーション撮影が可能な1200万画素を搭載していて、インカメラにはRetina Flash対応の120万画素が搭載されています。

Apple Pay等の各種機能もiPhone 6Sと同等になっています。

本当にiPhone 6Sの中身をiPhone 5Sの外装に導入したような機種です。

iPhone SEの価格

日本の発売価格は随分と円安の時代で価格設定がされているようです。現在の為替に置き換えるとかなり割高に感じてしまいますね。

日本での発売価格

・16GB:52,800円

・64GB:64,800円

欧米での発売価格

・16GB:399ドル(44,541円) 2年契約で無料

・64GB:499ドル(55,704円)

リンクを開くだけでiPhoneがクラッシュしてしまう悪質サイトが登場

リンクを開くだけでiPhoneがクラッシュしてしまう悪質サイトが登場パソコンではリンクを開くとウィルスに感染してしまい、パソコンを壊されてしまうことがありますが、今回はiPhoneがターゲットになったようです。
iPhoneでリンク先のURLをタップして開くだけで、iPhoneが壊されてしまう悪質なサイト(CrashSafari.com)が登場して大流行しています。

CrashSafari.comの症状

このサイト(CrashSafari.com)はiOSをターゲットとしていてブラウザのsafariをフリーズさせ、強制的に再起動させてしまいます。
正にサイトの名前そのままですね。

CrashSafari.comはウィルスを感染させているわけでも、OSの脆弱性を突いている訳でも無く、Javascriptを使った単純なサイトになっています。
プログラムを無限ループさせて、端末をハングアップに追い込みます。そして、強制的に再起動させてしまいます。

既に同じような名前のサイトが登場していることから、今後は同じ仕組みを利用しているサイトが増える可能性があります。
短縮URLを利用している可能性もありますので、十分にお気を付け下さい。

紛失したスマホをGPS情報で探しに行くのは危険ですよ!

紛失したスマホをGPS情報で探しに行くのは危険ですよ!最近はスマートフォンを無くしても、アプリを使ってGPS情報を取得して今どこにあるのかが分かります。盗難に遭った場合でもどこに自分のスマホがあるのか分かるので、かなり便利な時代になりましたよね。

こういったスマートフォンをPCから探すことが出来る機能はiPhoneにもAndroidにも搭載されていますが先日この機能を利用したカナダ在住の若者が悲惨な事件に巻き込まれてしまいました。

カナダ在住のJeremy Cookさんが射殺される

カナダに住む18歳のJeremy Cookさんは、タクシーにスマートフォンを置き忘れてしまい、それに気がついた彼はGPSの情報を頼りに現在のスマートフォンの場所を突き止めました。
現地に行った彼は車に乗った三人の男に遭遇しました。男達は車で逃走する際に彼の腕をつかみ、射殺してしまいました。
この犯人は未だに見つかっていないようです。

日本でも可能性はあります

今回はカナダで起きた事件でしたが日本でも十分考えられる事件です。
盗難に遭った場合は特に危険です。また、落としたり紛失した場合でも犯罪者の手に渡っている場合があります。相手が外国人と言うことも考えられますので、十分に危険な人物の手元にある可能性はあります。

自分で探しに行く前に警察に届けて相談してみましょう。
参考:cbc.ca

iOS9の特徴やリリース日、対応機種、iPhone6sなどをまとめてみた。

iOS9の特徴やリリース日、対応機種、iPhone6sなどをまとめてみた。先日「Apple Watch」の発売で賑わっていましたが、今度は「ioS9」と「iPhone6s」の話題で盛り上がっています。

おそらくどちらも例年通り行けば夏の「WWDC 2015」で発表されると思いますが、少しでも早く知りたいのが人間の性!というわけで、今出ている情報をまとめて見ました。

iOS9

Appleの次期OSとして発表されるであろう「iOS9」についてまとめて行きたいと思います。
リリース日や、対応機種、どのような機能が増えるのかOSの特徴についてもまとめて行きます。

iOS9のリリース日は?

一番気になるのはリリース日だと思います。
例年通り行けば夏の「WWDC 2015」で発表され、発表のタイミングでベータ版が開発者向けに配布されてから、正式版として我々が利用できるようになるのがiPhone6sの発売直前、直後になると思います。

現在の予想としては2015年9月中旬~下旬になると思われます。

iOS9の対応機種は?

新しい機種が発売されて古い機種を使っていると新しいOSは古い機種をサポートしてくれるのか心配になりますよね。

そんな皆様に吉報です。
AppleはiOS9で古いデバイスを切り捨てないようです。
どうやら、iPhone4siPad mini第1世代iPod touch第5世代などの古い端末もサポートしてくれるようです。
A5チップ搭載のiOSデバイスでもiOS9は利用出来るみたいです。

この古い端末にも最適化する姿勢はとても評価できますね!
もちろんこれより新しいデバイスを利用している方も当然対応していると思います。

iOS9が対応するデバイスはこんな感じですかね。
・iPad 3, iPad 4, iPad Air, iPad Air2, iPad Air3, iPad Pro

・iPad mini,iPad mini2, iPad mini3, iPad mini4

・iPhone4s,iPhone 5, iPhone 5c, iPhone5s, iPhone6, iPhone6 Plus, iPhone6s

・iPod touch(第5世代)

iOS9の新機能は?

これも気になる所ですね。いったいどのような新機能が追加される予定なのか!
今現在予想されている新機能をここではご紹介していきたいと思います。

ペアレンタルコントロール

最近はこの機能をよく見かけますね。
これは保護者が子どものスマートフォンを監視するための機能です。最近はインターネットとスマートフォンで子どもが何を行っているのか全然分からない保護者が多いので、しっかり監視下において子どもを危険から守ってあげられない事が多くなり事件にもなっていますね。

良くある例としてはゲームの起動時間やインターネットの利用時間を9時から11時と細かく制限できたりします。

ある程度の年齢になるまではしっかりと監視下において子どもを守ってあげましょう。

マルチユーザ対応

Windowsは結構前から対応していますよね。一つのデバイスを複数人で利用する場合はそのユーザ毎に個人設定や環境を変えてデバイスを共有できるようにする機能です。スマートフォンは当然一人一台という考えでしたが、最近は仕事とプライベートを同じ端末で利用する事が多くなりスマートフォンのマルチユーザ対応にニーズが出てきました。

FaceTimeの新機能対応

FaceTimeでビデオメッセージが送信できたり、会議通話が出来るようになるとのこと。
しかし、日本でFaceTimeって利用者どのくらいいるんだろうか…
結構少数だと思います。

最大5画面のマルチタスク対応

最大5画面のマルチタスク対応これはかなり利便性が向上しますね!
iPadに追加される機能のようですね。画面が小さいiPhoneでやっても作業しにくそうですが別に限定することも無いような…
タブレットのiPadでは画面も大きくなり5画面フルに生かせて作業が出来そうです。

デフォルトアプリの管理機能

例えばiOS8で話題になった「Apple Watch」のアプリ。消せないことで話題になっていましたが利用者に必要の無いアプリを管理できます。
自分にいらないアプリを非表示に出来るようです。

コントロールセンターの管理機能

コントロールセンターの管理機能
コントロールセンターの下部に自分が利用できるアプリを登録できるようになります。
どのように管理が出来るようになるのかは分かりませんが、利便性が向上しますね。

iPhone6s

さて、上記でiOS9マスターになりましたね!
これでiPhone使いの友達に自慢げにiOS9について話せますよw

次はiPhone6sの情報をまとめて行きます。

iPhone6sの発売日は?

どうやら発売日予想は2015年8月のようです。
iPhone6sの量産開始が2015年6月から始まるようなのであり得ない話では無いですね。

iPhone6sの値段は?

これは現状では特にリークや予想が無いようなので私の予想を載せておきます。
何か情報が出てきたら、更新したいと思います。

iPhone6(16G)の価格は日本の携帯キャリアでは7万円ちょいでした。
おそらくここから大きく変わるとは思えません。
しかし、為替相場が大きく去年と今では違います。
去年は107円前後でしたが、今は120円前後です。一ドル当たり約13円値上がりすると8,000円近く値上がるのではないでしょうか?

という事で8万円前後が私の予想です。

iPhone6sの新機能?

いったい今度の新しいデバイスはどのように進化しているのでしょうか。
iPhone6sの特徴をまとめたものを掲載しておきます。

・Force Touchの搭載
・ディスプレイサイズは4.7インチと5.5インチのまま
・Rose Goldカラーの追加
・カメラのアップグレード。背面カメラは1200万画素に?
・マイクの追加と通話品質の向上
・A9プロセッサーと2GB RAMの搭載
・ケーシングの構造改良による本体強度の向上
・5.5インチモデルへのサファイアレンズの搭載
・Apple Payに向けたTouch IDの認識精度の向上
・ジェスチャーコントロールのサポート
・量産は8月以降。4.7インチモデルと5.5インチモデルの出荷比率は2:1

まとめ

どうでしたか?
やはり新しい物が発売されるのはわくわくしますよね。

この記事の情報はまだAppleが発表したものでなくリーク情報や予想内容をまとめた物になっています。正式な発表は夏に行われる「WWDC 2015」で出てくると思いますのでその日を待ちましょう!
参考
9to5Mac
Phone Arena
gizmode

OCNモバイルONEをMNP弾にする費用と必要期間2015年版

OCNモバイルONEをMNP弾にする費用と必要期間2015年版
最近は様々なMVNOが登場して、MNPの弾にも困らない時代になりました。
一昔前からMNPの弾と言えばb-Mobileでしたが、いつも考えるていることは
「より早く、より安く、より安全に」
やはり、この三つがバランス良い弾が良いですね。

私はauがメイン回線なんですが、そろそろXperia Z3(SOL26)の条件が良くなってきたのでこれを機にMNP弾を飛ばしてみました。
毎回b-Mobileでも良いのですが、最近音声プランが登場した「OCNモバイルONE」を弾に使ってみましたので、費用やMNP番号発行までの時間、期間を説明していきます。

最初に結論を言ってしまうと、私はもう絶対に使いませんw
MNPの弾としてはキチンと機能していますのでそこのご判断はお任せ致しますw

MNP弾として使う場合の費用

OCNモバイルONEはパッケージが家電量販店にて販売されていますが、中身は空です。
認証コードが書かれているだけですので、それを使用して公式サイトから申込を行います。
公式サイトから申し込むとパッケージ代が3,240円必要ですが、Amazonだと安い場合が多いです。



早く申し込みたくても近くに家電量販店がない場合はYodobashi.comがお勧めです。
朝頼んでおくと、夜には届きます。地域によると思いますが…

さて、肝心の費用について説明していきます。

料金項目料金
パッケージ代3,240円
基本利用料金(1ヶ月分)1,728円
解約違約金8,000円
MNP転出手数料3,240円
合計16,208円

1発16,208円となっています。
キャンペーンでパッケージ代が安くなったりすることもありますが、定価で計算しています。
b-Mobileだと一発16,805円なので少し安いですね。

音声対応SIMカード追加手数料無料キャンペーン

あと、2発以上弾を作る人は今なら「音声対応SIMカード追加手数料無料キャンペーン」が開催されています。
締め切りは2015年3月31日までです。

これを利用すると、SIM発行手数料=パッケージ代3,240円が無料になります。
2発目は12,968円で発射することが出来ます。

しかしこのキャンペーンは既存の会員向けのものなので、早めに一回線を申し込んでキャンペーンに参加しましょう。
今MNPを考えている方は早めに申し込んで2月中に間に合うかな…そこは分かりません…

申し込みからMNP転出予約番号発行までの期間

申し込みからMNP転出予約番号発行までの期間
皆さんが一番気になるのはここだと思います。
いったい申し込みからMNP番号発行までに何日かかるのか。

実際にかかった時間をまとめてみます。
今回は合計で6回線申し込みました。

日付イベント
1/22パッケージ購入
1/22公式サイトから申込手続
1/28SIM到着
1/294回線分の会員証書類到着
1/294回線分のMNP転出番号発行申込
1/312回線分の会員証書類到着
1/312回線分のMNP予約番号発行
2/44回線分のMNP番号到着
2/51回線分のMNP番号到着
2/121回線分のMNP番号到着?

表を見て分かるとおり、ものすごい時間がかかります。
未だに1回線分が来ていません。
その回線より後に申し込んだ回線が来ているのにこの回線が来ていないのはおかしいと思い電話すると、まさかの申し込まれていないと言われてしまいました。

追記:2015年2月16日
ようやく一回線が来ました。これもSMSが来ないため電話して確認したら、正常に番号発行されていると言われてしまいました。特例で口答で教えるからメモしてって言われ無事番号の発行が出来ました。
電話で答えられるなら最初からそうして欲しいです…
しかし、有効期限が全回線同じなので、ちょっとよく分からないですね…

WEBから申し込むと申込確認メールも何も来ません。
MNP番号が発行されて初めてSMSで連絡が来ます。
せめて確認メールは欲しいです。
WEBフォームの入力履歴を見ると確かに申し込んでいると思うんですが、申し込まれていないと言われて証明も出来ないので泣き寝入りです…

そして、最大の注意点があります。
MNPの番号通知がSMSでしか行えないこと!
これはホントに困りました。
メールでの通知や電話での通知に対応していないとのこと。
MNPの弾でSIMは利用するつもりがない方でもSMSの受信が出来るSIMフリー端末が必要となります。
カスタマーサポートに連絡したんですが、対応していないと言われ他に通知する方法はないと言われました。
何回か電話したら、1人丁寧な方が居て、MNP番号が発行できたら責任を持ってお知らせしますと、電話で通知することを約束してくれました。
対応が人によってホントに違います。

基本的にはSMS以外での通知が出来ないらしいので要注意です!

MNP転出の申込方法

MNP番号の発行にはカスタマーズフロントに連絡する方法と、WEBから申し込む二つの方法があります。
電話の場合は
電話番号:0120-506506
受付時間:10:00-19:00(土日祝日、年末年始は除きます)
WEBから申し込む場合は
OCNマイページ

詳しくはこちらをご覧下さい。
MNP転出について(NTTコミュニケーションズから他社へ)

※追記 2015年8月10日
以前使えていたMNP予約番号発行のページが無くなっていました。現在はWebから発行する場合はマイページから予約番号の発行が出来るようです。急いでいたりWeb上から出来ない方は電話で問い合わせた方が早そうです。

しかし、電話での手続きが出来るようになるのは契約月の次の月から可能になるようです。
コメントから情報提供頂きました。ありがとうございます。

OCNモバイルONEで届くSIMと書類

上記の表に記載したとおり、申し込んでからはSIMが先に届き、その後会員情報が記載されている会員証が届きます。同着ぐらいで050plusのはがきも来ます。

SIMカードのパッケージ

SIMカードのパッケージ
先に届くSIMはヤマト運輪のセキュリティーパッケージで到着します。
追跡番号出てるなら教えて欲しいですね…

会員証と050plasのはがき

DSC06039s DSC06040s
書留ではなく通常の郵便で届きます。
会員証が届くと、SIMの利用が出来るようになります。
この書類が届いて初めてMNPの予約番号が申し込めるようになります。

まとめ

今回OCNモバイルONEを利用してみた感想ですが個人的にはもう使いませんw
申し込んでからMNP番号発行までに時間がかかりすぎるしめんどくさいですw
ホントはいつもSo-netを利用しているんですが、公式サイトに申込多数のため現在2週間以上かかりますって案内があったからOCNモバイルONEを試してみました。
結果的には無事弾として機能したので良いのですが、あまり弾には向いていないかも知れないですね。
ちょっと高くてもb-Mobileを使った方がストレスたまらずに良かったと思います。

注意点のおさらい

・MNPの予約番号を受け取るにはSMSが受信できる環境必須
・MNPの予約番号手続のお知らせは完了時にSMS一通のみ!(確認メール等は無し)
 

というわけでまとめてみました。

お客様にも携帯電話の端末代や月々の料金を安くしたいとご相談を良く頂くので一つの案としてMNPでの契約をお勧めさせて頂いております。
ホームページやパソコン関係で何かお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ