投稿

【危険】LenovoのPCにはWindowsのシステムファイルを上書きする危険な機能が存在

【危険】LenovoのPCにはWindowsのシステムファイルを上書きする危険な機能が存在Lenovo製のパソコンを利用しているユーザは要注意です!Lenovo製のPCにはBIOS起動時にWindowsのシステムファイルを上書きすることで、ユーザの情報をサーバーへと送信する機能(Lenovo Service Engine)が搭載されているらしく、これを悪用されると外部からコードを実行される危険があるとArs Technicaが指摘しています。

Windowsのシステムファイルが改変されてしまうとパソコンが起動出来ない状態になってしまいます。起動出来なくなるだけでは無く個人情報が流出する可能性もあるようです。機能自体を消去する方法も紹介されているので絶対に行っておきましょう。

影響を受けるLenovoパソコン一覧

まずは自分のパソコンがこの危険な機能の影響を受けるのかを確認しましょう。この指摘を受けてLenovo社が影響を受けるパソコン一覧を発表しました。ここにのっていなければとりあえず安心できますね。(※は日本で販売実績のあるモデル)

レノボ製ノートブック

Flex 2 Pro-15/Edge 15(Broadwell)
Flex 2 Pro-15/Edge 15(Haswell)
Flex 3 (1120) ※
Flex 3 1470/1570
G40-80/G50-80 ※ /G50-80 Touch/V3000
S21e (S21e-20) ※
S41-70/U41-70
S435/M40-35
Y40-80
YOGA 3 (1470) ※
YOGA 3 (1170) ※
Z41-70/Z51 (Z51-70)※
Z70-80/G70-80

レノボ製デスクトップ

全世界で発売:
A540
A740 ※
B4030 ※
B5030 ※
B5035
B750 ※
C2005
C4005
C2030※/C4030※
C260※
C5030
H3000
H3050※
H5000
H5050
H5055
Horizon 2 ※
Horizon 2e (Yoga Home 500)
Horizon 2S ※
X310(A78)
X315(B85)

機能の消去方法

このやっかいな機能(LSE・OKO)を消去することはリカバリ(OSのクリーンインストール)を行っても消去することは不可能な様なので、Lenovo社の公開した機能停止方法を利用してLSEとOKO機能を停止するのが良さそうです。

UEFIモードの確認方法

ここではUEFIモードを利用している場合としていない場合で対処方法が変わってくるのでまずは自分のパソコンがどちらで動いているのかを確認しましょう。

1. 「Windowsキー」 + 「Pauseキー」を押してシステムのプロパティを開く。

2. デバイスマネージャをクリックしてデバイスマネージャを開く。

3. 「ディスクドライブ」をクリックして開き、システムファイルが入っているドライブを右クリックして「プロパティ」を開く。

4. 「ボリューム」タブをクリックすると下記の様な画面が出るので「パーティションのスタイル」を確認する。(表示が無い場合は「表示」をクリック)
UEFIモードの確認方法

5. 「パーティションのスタイル」がGPTの場合はUEFIモードです。MBRの場合はBIOS起動なのでUEFIは使っていません。

Windows 8 / 8.1 / 10でUEFIモードを使っている場合

こちらから「Lenovo LSE disabler tool」をダウンロードします。自分の利用しているbit数の実行ファイルをダウンロードして下さい。ダウンロード後に実行します。実行することによってLSEサービスが停止され、下記のファイルが消去されます。

・C:\windows\system32\wpbbin.exe

・C:\windows\system32\LenovoUpdate.exe

・C:\windows\system32\LenovoCheck.exe

Windows 7 / 8 / 8.1 / 10でUEFIモードを使っていない場合

初めに、パソコンのBIOSを最新版にアップデートします。ダウンロードはこちらから。最新版にアップデートされたら、上記と同じように「Lenovo LSE disabler tool」をダウンロードして実行すればLSEサービスが停止されてファイルが消去されます。

やり方が分からない場合はお気軽にお問い合わせ下さい。パソコンを送ってもらいこちらで作業することも遠隔操作と電話で作業を行うことも可能です。

お問い合わせ

Windows10の販売価格と発売日が正式発表。

Windows10の価格と発売日が正式発表。いよいよWindows10が正式提供されますよ!
新ブラウザの「Microsoft Edge」やエージェントの「Cortana」等気になる機能がいっぱい搭載されています。
https://sodicom.jp/blog/2015/01/22/ittechnology/273/
https://sodicom.jp/blog/2015/01/21/ittechnology/267/

Windows10の発売日は?

本日発表された情報によると、7月29日から正式提供を開始するとのことです。
昨日私のパソコンにもWindows10への無料アップデート予約の画面が表示されていました。Windows7以降のOSなら無料でWindows10にアップデート可能ですよ!

以前は海賊版ユーザにも無料アップデートすると言っていましたがこないだ撤回されました。しかし、通常より好条件でのアップデートを約束するとのことです。海賊版ユーザが新規ユーザより優遇されるというのも変な話ですね。

Windows10の値段は?

Windows10の値段についても本日発表されました。
・Windows 10 Home:$119(14,875円)

・Windows 10 Pro:$199(24,875円)

・Windows 10 Pro Pack:$99(12,375円)
※2015/06/02の為替レート

AndroidスマホからWindows10スマホに変える新ROMを開発中

AndroidスマホからWindows10スマホに変える新ROMを開発中
これは恐ろしいですね…
Windows Phoneはモバイル市場で大変苦戦しています。
Android、iOSからユーザを奪ってWindows市場を大きくしたいと考えているはずです。

これは実際に奪ってしまうという作戦のようです。
今使っている「Android」スマートフォンのOSを書き換えて「Windows10」スマートフォンに変えてしまうROMをマイクロソフトが開発中とのこと。

以前から噂はされていましたが、今回は実際にマイクロソフトが開発を肯定してしまいました。
裏でひっそりやっているなら分かるんですが、おおっぴらにしてしまうなんてすごいですねw

AndroidをWindows10に変更するカスタムROM

マイクロソフトは中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米科技)と共同開発で、AndroidスマートフォンにROMをインストールする事で、「Windows 10 fo Phone」のOSに書き換えて変更してしまうカスタムROMを試験していることが明らかになりました。
http://techcrunch.com/2015/03/17/microsoft-android-rom/

ちなみにこれはAndroidの中でWindows10をエミュレートして動かす物でも無く、デュアルブートするわけでもなく、完全にAndroid端末を上書きして乗っ取るものの様です。

Windows10が動いているAndroidスマホ(Mi4)

Windows10が動いているAndroidスマホ(Mi4)
これが、Xiaomiが公開したWindows10が動作しているAndroid端末(Mi4)です。

確かに、今使っているスマホにWindows10を入れてみてAndroidより良かったらユーザは流れてしまうかもしれません。
ただ、やはりOSの選択には公開、提供されているアプリの数と開発者数がかなり影響すると思いますので、まだまだAndroidと対抗していくのは難しそうです。

ウィルス感染やワンクリック詐欺画面などの駆除や消去

ウィルス感染やワンクリック詐欺画面などの駆除や消去
最も、パソコン修理で多いご依頼がウィルスの駆除とワンクリック詐欺画面の消去だったりします。
ウィルスの目的は多岐にわたります。
システムを破壊するタイプやパソコン内部から情報を盗み取るタイプ、感染をとにかく拡大するタイプ、パソコンを乗っ取り遠隔操作されてしまうタイプと様々です。
ウィルスの中には解析しても何もしていないウィルスもあります。そういったものは放置しておくと時限式となって制作者が指定していた日時になると破壊活動や情報を送信し出す場合が有り、やっぱり怖いですよね…

こないだの記事にしたマルウェア「SoakSoak」も活動内容は謎でしたね…怖い!

【対策あり】10万サイト以上のWordPressがロシア製の謎マルウェア「SoakSoak」に感染

ウィルスに対抗するためにはやはり未然にキチンと対策をすることが大切です。
・セキュリティソフトの導入、更新
・WindowsUpdateの適用

最低限上記の対策は怠れません。
しかし、それだけでは完璧だとは全然言えないのが現在の対策です。
最近脆弱性を突かれるもっとも普及しているソフトとして「Oracle Java」が上げられます。
Webサイトでよく利用されているのでほとんどの方のパソコンにインストールされていると思います。
次に、「Adobe Reader」、「Adobe Flash Player」も危険です。
上記に上げた3点のソフト。
Oracle Java
Adobe Reader
Adobe Flash Player
最低限これらのソフトは最新にしておきましょう。

ワンクリック詐欺画面

最近では「ご入会ありがとう偽ざいます! ~日までに~口座に~円入金して下さい。入金するとこの画面は消えます。」と言った風な画面が消えないというご相談もよく頂きます。
このワンクリック詐欺の画面はアダルトサイトだったり、裏技サイト、ちょっと怪しいサイトでよく起きます。
好奇心をあおって、興味を引きそうなコンテンツに誘い込み、画面を表示させる手口ですね。
最近ではパソコンだけではなく、スマートフォンでも同様の症状が起きています。

【危険】日本のアダルトサイトでスマートフォンをロックするワンクリック詐欺登場

一度デスクトップに表示されてしまうと、再起動しても消えません。
Windowsの起動時に動作を開始するように仕組まれている場合が多いです。
しかし、支払を行っても画面が消えることはない場合が多いです。

原因

基本的にこういったワンクリック詐欺画面はウィルス対策ソフトでは対抗できません。
Webサイトからの誘導で何かをクリックしてしまった場合が多いので、おそらく何かをクリックしてしまったのだと思います。
怪しいサイトのクリックが原因です。
最近よくあるワンクリック詐欺サイトに下記が上げられます。
・有料アダルト動画サイト
・アダルトサイトクラウン CROWN
・プロムナード
・Suger
・ナビゲーター

消去方法

ワンクリック詐欺画面は次々に新しいものが作られています。
そのたびに新しい種類が増えていくので個別事案毎に対処方法を調べて駆除を行います。
レジストリやファイルを変更されてしまっていることが多いのでそれらを調べて駆除することになります。

一番大事なことは、記載されている連絡先に絶対に連絡をしないことです。
してしまうと、かなりしつこく連絡やメールが来てしまいます。
相手からは画面が表示されたことは特定できませんが、自分から連絡してしまうことで特定されてしまいます。

女性や年配の方、子供でも騙されて感染させてしまい事が多いです。
請求画面が表示されてしまいストレスや不安になってしまい事があります。
その様なときは遠慮無く駆除のご依頼をください。
出張対応、宅配対応いたします。

料金:10,000円~
内容によって料金は異なります。

出張場所や症状によって料金が変ることがございますので、一度お気軽にお問い合わせ下さい。
また、遠方のお客様やお時間の取れないお客様には遠隔操作と電話での修理も行っております。

パソコン修理事例一覧

実質2000円で国産パソコンが貰える? お得なふるさと納税とは

実質2000円で国産パソコンが貰える? お得なふるさと納税とは。
さて、先日e-Taxの魅力をお伝えしましたが、今回も税金関係のお話です。

最近色々と話題になっていた「ふるさと納税」。巷ではお得だとかなんだかんだ言われていますが、実際なんなのかまだよく分かっていませんでした。
しかし、先日長野県飯山市がふるさと納税した人への特典として、マウスコンピューターのWindowsPCやタブレット、液晶などが貰えるというニュースがありました。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税の制度は、簡単に言うとどこかの自治体へ「寄付」をするとその年の所得税及び翌年の住民税から2000円を超える分については還付・控除されるというものです。

例えば、1万円ふるさと納税を行うと、2000円を超えた8000円がその年の所得税及び翌年の住民税から減額されます。
「ふるさと」とついていますが、自分の地元では無くどこの自治体にでも寄付できます。

これが何故お得なのか。
ふるさと納税には特典があることが多いからです。
例えば、5000円以上のふるさと納税でお米をプレゼントなど、金額に応じてお返しが貰えるのです!
多くの場合地域の特産品など豪華なお返しが用意して貰えます。

今回の飯山市のふるさと納税では、パソコンやタブレット、液晶などが用意されています。

2万円以上3万円未満の寄付をした人へは「液晶ディスプレイ」。

4万円以上5万円未満の寄付をした人へは「Windowsタブレット」

10万円以上20万円未満の寄付をした人へは「ノートパソコン」、「タワー型PC」


※ノートPCは「LB-F511B-IIYAMA」。タワー型PCは「LM-iH301S-IIYAMA」です。

これだけ豪華なお返しと言うことで大反響があり、飯山市も驚いているようですw
タブレットは予定数に達してしまい、次回は4月受付と応募が多いようです。

これらが、実質2000円で手には入るなら皆さんふるさと納税を使わない手は無いでしょう。
ただし、控除には上限が規定されているため、自分が対象となるのか調べてからやってみて下さい。