投稿

Microsoftを騙った「マイクロソフト安全認証チーム」から届くフィッシングメールに注意!

Microsoftを騙った「マイクロソフト安全認証チーム」から届くフィッシングメールに注意!Microsoft(マイクロソフト)を騙った新たなフィッシングメール(迷惑メール)が大流行しているようです。こちらのメールはMicrosoftとは一切関係無いメールなので、URLや返信等一切しないで無視するようにしてください。URLや返信をしてしまうとアカウントとパスワード、クレジットカードなど、
入力した個人情報を抜かれてしまう可能性等がありますので、くれぐれもお気をつけください。

警告の意味を込めて、メール内容を以下に示します。似たようなメールの可能性も否定できないのでご注意ください。

「マイクロソフト安全認証チーム」から届くフィッシングメール

送信者: “マイクロソフト安全認証チーム” <@tekima.it>
※送信元アドレスはいろんなタイプがあるようです。「microsoft.com」以外は警戒しましょう。
例:@tekima.it、@sorbial.fr

題名:[大切]マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされた警告です!

本文:[大切]すぐマイクロソフトのプロダクトキーをご認証ください。さもなくば権限付与が中止されます!

ご利用のオフィスソフトの授権が終了されてしまう恐れがあります!

マイクロソフトセキュリティチームはご利用のオフィスソフトのプロダクトキーが違法コピーされた恐れがあることを発見しています。
攻撃者はご利用のオフィスソフトのプロダクトキーでほかのオフィスソフトを起動する試みをしています。ご本人の操作なのかどうかが確定できないので、お手数ですが、検証作業をしてください。

検証作業をしていただけない場合、ご利用のオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態を終了しますので、ご了承ください。

今すぐ認証(リンクは消去してあります。)

*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。

Windows 10のISOファイルを配布開始。待たずに簡単にアップグレード可能。

Windows 10のISOファイルを配布開始。待たずに簡単にアップグレード可能。本日からWindows 10の正式版の提供が始まりました。Windows 7やWindows 8/8.1の方は無償アップグレードが利用できるので簡単にアップグレードする事ができるようです。しかし、アップグレード予約をしていてもまだ来なかったりとアップグレードしたいのに出来ていない方も多いようですね。

先ほどMicrosoftがWindows 10のアップグレードツールとISOファイルを配布し始めました。これを利用する事によって待つこと無く、簡単にアップグレードする事ができます。クリーンインストールしたい方はISOファイルでインストールを行った方が良いかもしれませんね。

Windowsの環境の方はメディアクリエイションツール(MediaCreationTool)というツールをダウンロードするページに飛びますが、Macからアクセスしている人はISOファイルの配布ページに飛ぶようです。

メディアクリエイションツールのでアップグレード

下記URLからメディアクリエイションツールをダウンロードしたら、Windows 10へアップグレードをする事が出来ます。ちなみにインストール用のメディア(ISOやフラッシュメモリ)を作ってWindwos 10をインストールする場合はWindowsの適切なプロダクトキーが必要になりますのでご注意下さい。

Windows 10 のダウンロード

ツールを利用したアップグレード方法

ツールを利用したアップグレード方法まず、現在利用しているパソコンのOSに合わせて、32bitか64bitのツールをダウンロードします。ツールを実行するとこの様な画面が出てきますので用途に合わせてチェックを変更します。そのままパソコンをアップグレードする場合は「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して次へ進みます。ISOやフラッシュメモリ(USBメモリ)にインストールメディアを作ってからクリーンインストールする場合には「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択して進みます。

ツールを利用したアップグレード方法インストールしたいWindows 10の言語とエディション、bit数を選択して次へ進みます。bit数を「両方」にしてしまうとDVDにISOファイルを書き込みする場合4.7GBのDVD-Rには書き込みできない容量になります。BD-Rや二層式のDVD-Rがある場合問題ありませんがそれ以外の場合はbit毎にISOファイルを作成しましょう。

ツールを利用したアップグレード方法フラッシュメモリで作成する場合は「USBフラッシュドライブ」を選択します。DVDやメディアに書き込みする場合は「ISOファイル」を選択して次へ進みます。

ツールを利用したアップグレード方法ファイルのダウンロードが始まるので進行状況が「100%」になるまで待機しましょう。私の環境ではダウンロード自体は5分ぐらいで完了しました。データの検証に2分ぐらいで合計7分ぐらいで完了しました。

ツールを利用したアップグレード方法ダウンロードと検証が完了するとこの画面が表示されます。そのままDVDに書き込む場合は「DVD 書き込み用ドライブを開く」をクリックして下さい。それ以外の方は「完了」をクリックして終了します。

ISOをDVDに書き込む

ISOをDVDに書き込む「DVD 書き込み用ドライブを開く」をクリックするとそのまま「Windows ディスク イメージ書き込みツール」が立ち上がります。書き込むDVDドライブを選択して「書き込み後のディスクの確認」にチェックを入れて「書き込み」をクリックします。

まとめ

このツールでインストールメディアを作成すればWindows 10のクリーンインストールが出来るようになりますね。アップグレード予約が来ない方も、このツールで直接アップグレード出来るようなので使ってしまうのも有りだと思います。

しかし、Microsoftはあくまで「Windows 10を入手する」アプリでのアップグレードを推奨しているようなのでその点はご注意下さい。

Windows10の驚きの内容と、新機能まとめ

Windows10の驚きの内容と、新機能まとめ

本日Microsoftが次期OSの「Windows10」に関して発表を行いました。
色々ととんでもない内容がいっぱい発表されたようですね。

Windows10の公式動画

この動画を見ると、Windows10を何故特別なOSと位置づけるのか、何故次世代のWindowsなのかが分かります。

Windows10の新機能

・音声認識/会話アシスタントのCortana(コルタナ)が搭載
これはiPhoneでいうsiriの様な物でしょうか。
音声操作や会話からユーザが行いたい操作を認識して行うようです。
動画がありましたので貼っておきます。なかなか優秀なエージェントですね。

・新WebブラウザSpartan(スパルタン)の搭載
インターネットエクスプローラーとは違う、新しいブラウザです。
レンダリングエンジンはTridentと噂されていましたが、新しいレンダリングエンジンを採用したと言っています。
主な機能は三つ。
・アノテーション機能
・マルチ端末対応の後で読む機能「Reading Mode」
・音声アシスタント「Cortana」の連帯

これは早く使ってみたい。コルタナはどんな感じなのか気になります。

・スタートメニュー復活
Windows10の驚きの内容と、新機能まとめ
Windows8での最大の失敗はスタートメニューの廃止でしょう。
やはり復活しました。これは期待できそうです。

新機能を紹介している公式動画です。

Windows10は無料でアップグレード出来る!

これは良いお知らせです。
Windows10はPCやスマホ、タブレットなど全てのデバイス間で動作が可能なので、Windows7やWindows8、8.1、Windows Phone8.1から無料でアップグレードが可能のようです。
ちなみにWindows10は端末が壊れるまで最新版を利用可能です。
端末が使えなくなるまで無償でサポートが続きます。

Windows10がリリースされてから1年間はアップグレードを無料で行えるようにすることを決定しています。

まとめ

Windows8はやはり使い勝手が良くなく、未だにメインのPCはWindows7です。
私の中で使えるOSはWin XP、7と一つ飛びのバージョンだったので、7から一つ飛びの10は使えそうな予感がします。
PCテクニカルプレビュー版は来週から無償提供されるようです。
Windows Phoneでもテクニカルプレビュー版を2月から提供開始されるようです。

正式版がたのしみです。

ようやくAndroidタブレットでもOfficeが見られる! Androidタブレット版Office Preview無料公開!

ようやくAndroidタブレットでもOfficeが見られる! Androidタブレット版Office Preview無料公開!
先日、マイクロソフトがAndroidタブレット向けのオフィスアプリのプレビュー版を一般公開しました。
このアプリでWord、Exele、PowerPointのファイルが対応しているので開けますよ!
しかも、無料でダウンロード出来ます!

今までもアプリはありましたが、互換性で有料の物が多いのが実情でした。
Office Mobileも無料でダウンロード出来ましたがOffice365のサブスクリプションが必要だったので完全無料で使うことは出来ませんでした。

これで、出先でも気軽にオフィスのファイルを見たり編集したり出来ますね。

Office Preview


既に、各アプリが公開されていますのでダウンロードして使用することが出来ます。
先にダウンロード先を紹介しておきます。

Word


Excel


PowerPoint


利用するために必要なシステム要件は画面サイズが7~10.1インチでARMベースのプロセッサを搭載し、OSはAndroid 4.4.x(コードネーム:KitKat)以降です。
つまり、スマートフォンでは利用出来ません。
完全にタブレット専用のアプリです。

今後このアプリのフィードバックを経て正式版公開すると発表されているので、本当に快適に外でオフィスが使える様になるにはまだ時間がかかるようです…