投稿

Windows10の音量ボリューム表示の横に突如現れた「chrome.exe」再生ボタンを非表示にする方法

/
Windows10をご利用中のユーザで、「Google Chrome」やChromiumベースの「Edge」を使用している時に、ハードウェアで音量を調整すると、ボリューム表示の横に「chrome.exe」と書かれた再生ボタンが表示されるようになりました。 最近本件のお問い合わせが急激に増えているため、邪魔で消したい、非表示にしたいと思っているユーザが多いようです。 再生ボタンのようなものは、ハードウェアメディアキーと呼ばれるもので、Google…

Windows 10でUSBメモリなどの取り外し操作が不要に ポリシー既定が「クイック削除」に変更

/
パソコンからUSBメモリなどの外付けドライブを取り外す際には、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」から「取り出し」をクリックしてから、接続メディアを抜くという操作が必要でしたが、「Windows…

世界中でパンデミック! ランサムウェア「WannaCry」によるサイバー攻撃の被害と対処方法

/
全世界がパニックに陥っている、ランサムウェア「WannaCry」の亜種「WanaCrypt0r」によるサイバー攻撃が発生しています。「WannaCry」による感染が世界中に爆発的な速度で広まっています。まさにパンデミックです。世界中で被害報告が上がっていて、主に法人がターゲットとなっているようです。 「WannaCry」の攻撃は約80%がメールと添付ファイルによって拡散しています。今の時期の添付ファイルには厳重注意しましょう。 今回は世界中で上がっている被害報告と対処方法をまとめました。 WannaCryに感染するとどうなる? このランサムウェアは基本的にはメール経由で感染することが多く、感染してしまうと全ファイルに暗号化されたロックがかかり「ロックを解除したかったらお金(約3万円)を払え!払わないと倍になる!」と脅迫文が出ます。 1台のPCが感染すると、Windows…

Chrome拡張機能のハングアウトをバージョンダウンして元のUIに戻す方法

/
先月あたりにGoogle Chrome(グーグルクローム)で使用していた拡張機能のハングアウト(Hangouts)アプリのアップデートが行われました。いつも通りハングアウトを利用しているときに更新通知が出たので、特に気にせずアップデートしてしまいましたが、コレがとんでもない地雷でした… アップデートして見ると「2016.901.955.2」というバージョンになり、今までのフロート表示のチャットウィンドウとは異なり、一つのウィンドウで出てくるようになってしまいました。これがとても使いにくい。 どうにか今までのフロート表示に戻したかったんですが、以前のファイルを置いても上手く機能しなかったので、バージョンダウンは諦めていました。しかし、以前のUIでフロート表示のウィンドウにするバージョンダウンに成功したので、今回はハングアウトのバージョンダウン方法についてご紹介していきます。 ハングアウトのバージョンダウン方法 1.…

どのセキュリティソフトが1番良いのか?アンチウィルスソフトランキングトップ10!

/
最近はセキュリティソフトがいっぱいあり過ぎてどれを使えば良いのかわからないと良くご質問頂きます。 高い物から安い物まで何かソフトが入っていれば良いと言うわけではなく、やはりウィルスからの保護能力が高いソフトを導入しておくのが安心です。 今回はドイツのセキュリティソフト第三者評価機関の「AV-TEST」が発表した、一般ユーザ向けのWindows用アンチウィルスソフトの2015年12月版のスコアをご紹介します。 スコアの見方 各アンチウィルスソフトの評価は以下の3つのスコアで評価されています。 ・Protection(保護能力):ウィルスからPCを保護できる能力値 ・Performance(パフォーマンス):パソコンの動作速度や影響を示す数値 ・Usability(使いやすさ):使いやすさを示す数値 1位:Avira…

データにもシュレッダーが必要!マイナンバーに備えてデータの安全な破棄方法を知る

/
今年は国民の所得や社会保障状況を把握しやすくするために「マイナンバー制度」が始まりました。皆さんの所にも「マイナンバー通知カード」が書留郵便で届いている頃かと思います。 マイナンバーの本格運用は2016年1月からです。 今後は納税も仕事もマイナンバー無しでは出来なくなります。 このマイナンバーは個人を特定する重要な情報であり、マイナンバーが記された書類やデータなどは利用後に確実に破棄しなくてはいけません。 紙ベースの書類やデータなら「シュレッダー」でそれもマイクロカットタイプの物で確実に破棄する必要があります。 では、パソコン上のデータはどうでしょうか? 例えば、メールやスキャナの画像、ワードやメモ帳のテキストデータにマイナンバーが記載されている場合です。 実はゴミ箱を空にしただけではファイルは消えません。 データを確実に破棄するための方法 紙の場合は個人情報保護法等により、シュレッダーをかけるというのが当然の作業になってきています。 しかし、デジタルデータについてはゴミ箱に入れて空にすれば消去されると考えているユーザが多いと思います。 残念ながらデジタルデータも紙と同じく確実に破棄するために一手間加えなくてはなりません。 ゴミ箱に捨てて空にするだけでは非常に危険だと言わざるを得ません。 物理的にHDDを破壊すればもちろんデータを復元するのはとても困難になります。 昨年小渕優子氏が政治資金問題でHDDをドリルで破壊し、検察を本気にさせてもデータは復元できませんでした。 しかし、通常操作のゴミ箱にすてて、空にしただけでは簡単にデータの復元ができてしまいます。 データを完全消去するソフトを利用する デジタルデータはシュレッダーの代わりにデータを完全に消去するソフトを使います。 データ抹消ソフトは有償無償共に色々なソフトが公開されています。 有名どころだと、ジャングル社が販売している「完全抹消」シリーズです。   無料でも様々なフリーソフトが公開されていますが、中でも評価が高い物が「完全削除」です。 フリーソフト「完全消去」の使い方 1.…